FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 小学校訪問
2011-01-23 (Sun) 12:11

小学校訪問

すてっぷマムは、子供の心を育てる活動に、頑張っています
参加者の皆様・ワンコさん、本当にお疲れ様でした


ラッピーママのレポート

『 内野小学校の4年生のクラスの子達に、ふれあい訪問活動をして
きました

4年生のみんなは、去年お話だけは聴いているので
なるべく犬とのふれあいの時間を大切にしました

まずは、ラッピーママが、プロジェクターで犬猫のお話をして
(今回は、マイクロチップのお話が主体です)
その後、まろかかが、犬の触り方のレクチャーです

110121-1.jpg

触り方を教えるだけでは無く、触ってはいけない犬の説明もしますよ

今回のレクチャー犬は、そらくん
110121-2.jpg

そして今日、参加してくれたふれあいわんこさんは

ジェットくん
110121-3.jpg

みんなジェットくんに触りながら「暖かい~」って言っていたので
「暖かいでしょ、それが生きてるってことなのよ」と答えたら
「へぇ~そうなんだ」と子供達は感動していました

犬の暖かい温もりに触れた時に、本当の意味で命を感じられるんですよね

すーちゃんも、心臓の音を聞かせてくれています
110121-5.jpg

子供達に囲まれてしまって写真がうまく撮れなかったけど
さんたくんです
さんたくんは生まれつき前足が悪いのですが、それをマイナスでは無く
プラスに変えてふれあい犬として、頑張ってくれています
110121-4.jpg

天ちゃんは、去年3年生だったみんなに、心臓の音を聞かせてくれたので
覚えていてくれた子もいて「天ちゃんだ~元気だった~」と
声をかけてくれましたよ、天ちゃん嬉しいね
110121-7.jpg

そして、今日は、静岡新聞社さんが取材に来てくださいました
110121-6.jpg

2~3日のうちに犬とのふれあいの様子が静岡新聞に載る予定です

そして、授業の最後は、質疑応答です
110121-9.jpg

マイクロチップに興味を持ってくれたようで、マイクロチップに関しての
質問が多く、とても嬉しかったです
迷子の犬を減らす為の手段です、大きくなっても覚えていてね

ふれあいわんこ、そらくん、ジェットくん、すーちゃん
天ちゃん、さんたくん、ご苦労様でした
人間参加してくださったのは、まろかか、レノママ、ルートママ

ありがとうございました。

内野小学校の先生方もお世話になりました、ありがとうございます。
内野小学校の訪問活動は、ここで一区切りになりますので

ここで、サブリーダーのまろかかの感想です

始めに、この貴重な機会を与えてくださった内野小学校の教職員の皆様に
心より感謝致します。
子供達は静かに話を聴いてくれ、活き活きとした表情で犬達と
触れ合っていました。
その姿は未来に希望を感じさせてくれるものです。

少しでも、多くの小学校や公民館などでの、ふれあい教室の機会が
与えられることを願います。

私自身は不幸な犬、猫がいなくなる為に何をどうやって伝えてゆけば
子供たちの心に残るのか、毎回自問しながら司会進行をしてきました。

いろんな意味で自分の非力さがもどかしくへこむ事もしばしば。
でも、そんな時にはメンバーや犬達の存在をありがたく頼もしく
感じるのでした。
特に直接犬達と触れ合うことが、子供達へいかに大きなメッセージと
なるのかが、その表情から明らかでした。

これからも皆でコツコツと地道に活動を続けてゆきましょうね。
どうぞよろしくお願いします。
  』

すてっぷ・マムより転載

最終更新日 : -0001-11-30