FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › ラッキーちゃん
2011-01-21 (Fri) 08:45

ラッキーちゃん

久し振りに、ラッキーちゃんのママから、お便りを頂きました

moblog_c0c8e798.jpg

『 一昨年の暮れに保護したワンコ、ラッキーは、毎日優しい顔で
癒してくれています  保護して本当に良かった~と思える毎日です
久し振りに可愛く写真が撮れたので送らせて頂きます  』



本当にお久しぶりです  
保護した当時、超・老犬で、足元がヨボヨボ、立つのがやっと 
ものすごい痩せ方で、長くは持たない ・・ と思っていましたが
手厚い看護で元気になりましたね 顔がしっかりとして来てました  
ラッキーちゃん、どうぞ、元気で、長生きしてください

保健所に抑留されているスピッツを案じて、連絡を下さいました
幸い、飼い主さんからの名乗り出があり、返還出来たそうです
ご心配を頂いて、本当に有り難うございました



犬の首輪に、名前を付けましょう

名前さえあれば、このラッキーちゃんも、スピッツも、直ぐに飼い主の
元へ帰る事が出来たはず  
保護した人は、時間も費用も掛けて、心を痛めて犬のお世話をします
保健所に抑留されて、飼い主の名乗り出が無ければ、殺処分です

法律でも、名前を付ける事を、飼い主に義務付けられていますが
知らない飼い主の方が多い  

名札は外れる ・・ と云う方には、マイクロチップがお勧め
マイクロチップを埋め込めば、永久に外れません  

マイクロチップは、掛かり付けの動物病院で、ご相談下さい

言葉を話せない犬の首輪に、名前を付けてください

最終更新日 : -0001-11-30