FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 悲惨な仔猫にご支援を!
2020-07-22 (Wed) 00:00

悲惨な仔猫にご支援を!

悲惨な状況の仔猫を発見、即日保護しました。
鼻風邪で鼻がつまり、飲食が出来ない。

人間も鼻がつまると水を飲んでも上手く飲めないし
ご飯も飲み込むのに大変です。

この仔猫たちは痩せ衰えて骨がゴツゴツ。
眼もグシャグシャ・・悲惨な有様です。

この、うずくまっている白い子は、もう立ち上がる事さえできない・・。

moblog_f14a33ca.jpg
moblog_a8c8b676.jpg
moblog_c5b1b122.jpg
moblog_d4a4d4af.jpg

このような場合は一刻の猶予も出来ない。
即・保護して受診し、給餌プロの手に委ねるしかない。

幸い、山田にゃんさんが救いの手を伸べて下さった。
心から感謝です 
本当に、本当に、有難うございます。

moblog_21218e9c.jpg

この仔猫たちは外で暮らしている母猫が産んだ子達。
人間が自分の楽しみで餌やりをしている。

外猫たちは、栄養状態が良くなって体力が向上し
手術がしてなければ、妊娠・出産をする事になる。
しかも、エサやりをしている人は、手術は要らないと言う・・

この仔猫の他にも、まだ小さい子がいるのですが、
母猫が隠したと見えて姿が見えない。

仔猫を産んだのは複数の母猫。
未来は真っ暗です。

仔猫を隠した母猫を捕まえてしまうと、姿の見えない仔猫達は
餓死してしまう。
その仔猫達の姿を確認し保護出来たら、母猫の手術を順次開始する予定。


1、 この4匹の仔猫に緊急募金を募ります
2、 支援物資も募集

受診すれば薬も処方されますし、体調が回復したら
混合ワクチン接種も予定しています。

何より必要なのは募金!!!

今は、この子たちが生きてくれる事を最優先にしたい。
仔猫たちへご支援をお願い致します。


振り込みの場合は「4匹の仔猫」と明示して下さい。


最初に発見して手を差し伸べて下さった ねこたろうさん
ラインで拡散して下さった クーママさん
預かりを申し出て下さった 山田にゃんさん
病院を手配して下さった 茶々丸母さん
届けて下さった ラウルママさん
ラインでアドバイス・応援を下さった方々

皆様に心より感謝いたします。

最終更新日 : 2020-07-22

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence