FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › まめの酸素室
2020-07-25 (Sat) 00:00

まめの酸素室

激しい呼吸困難が起きるまめ・・
先生に酸素室と酸素マスクの事を聞いてみました。

舌が黒い程の紫色になるのは、酸素が大量に不足している。
脳に酸素が届かないと脳死状態になり、
体の各部へ指令を出す事が出来なくなってしまう!!

静かに座っていても紫色ぽい


酸素室は非常に高額です。
本来ならマムが手を出せるような機械ではない!
レンタル方式で酸素室とボンベを借りる。

手術などは高額でも、一度受けてしまえば、後は費用の心配はない。
しかし酸素室はこの先、終生必要となります。

とても、マムに払えるような金額ではない・・しかし
まめの命が掛かっているので費用の事を言っている場合ではない。

常に電源を入れて待機。
緊急時に使えるようにセットして置かなければならない。



酸素マスクは呼吸法が難しいとの事。
手術の時など、獣医さんが犬の口にあてて呼吸させているのを
何度か見かけたが、キチンと吸わないと効果が無いと言う。
いわゆる扱いが難しいのだろう・・。



普通に呼吸できるって、本当に有難い事なんだ!!
つくづく、そう感じました。



病院から帰宅すると、疲れ果てて横になります。
幸い、呼吸は穏やかに出来ている。
ホッとしました。



エアコンの真下へ移動。
寒いくらいにガンガンかけても、真夏の炎天下に居るような
呼吸をしている。

ふきちゃんには寒すぎて同室では暮らせない。
椅子の上へ上げ40㎝くらいの高さにベッドを置くと
丁度良いらしい。



非情に心配です。

痛みも辛い・・
痒みも辛い・・
食べられないのも辛い・・
どこが悪くても苦しい・・
しかし、大抵の場合は薬を処方してもらい、ある程度
緩和する事が出来る。

呼吸が出来ないのは一番苦しいのではないか?

まめの症状は、治ると言う事がない・・
日が経つに連れて肺の肥厚や硬化が進み、状況は悪化するばかり。
死ぬまでこの苦しみが続きます。

不憫ですね。
言葉がありません。
苦しみが僅かでも減りますように~それだけを祈ります。


酸素室の準備中
どうぞ、まめにご支援(募金)をお願い致します。


moblog_09dcc2bb.jpg

エアコンの真下は呼吸も穏やかに出来て、気持ち良さそうです。

moblog_618478dd.jpg

ご支援有難うございます
・ラッキーママさん
・こてつ君のママさん
・ちゃこ天ママさん

最終更新日 : 2020-07-25

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence