FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › ペー助の足元
2020-01-15 (Wed) 00:00

ペー助の足元

現在のペー助の場所は仮住まい。

体調が悪い老犬は置き場所に苦労します。

目が行き届き、直ぐに手を掛けられる
場所が望ましいので、この場所を片づ
けて段ボール箱の仮小屋を置き、
人工芝を敷いてこの冬を乗り切る作戦でした。

moblog_1fb308c0.jpg

しかし、そう上手くはゆかなかった。

moblog_5c5ebc2b.jpg

足元が常に濡れているのです。

コンクリートの床面では足が冷たい
だろうと人工芝を敷いたが、これが悪かった。

moblog_1a7e1d11.jpg

人工芝の上で排泄をするので、朝晩、
水を流して洗わなければならない・・。

当然、芝は濡れます。
濡れたまま乾かないのだ!!

今までの場所は芝の下は土・・
水を流しても直ぐに地面に浸み込んで
足元は常に乾いていた。

夏ならコンクリート上でも直ぐに乾く
はずだが、今の時期、乾きが遅く
常に濡れた状態になっているのだ。

moblog_b0e66539.jpg

止むを得ず、人工芝は撤去した。

コンクリートの面に水を流して濡れて
いる時、そのまま小屋の中へ入ると
中の敷物が湿ってしまう。
足を拭いて小屋の中へ入れるように
簀子板の上に足拭きの敷物を敷いた。

そうしたら、コンクリート面は直ぐに
乾くようになり小屋の中も快適になった。

moblog_1c7e77ce.jpg

段ボールの仮小屋も撤去して、隣の犬小屋のボックスを移動。
ペー助は気に入ったようで直ぐに中へ入った。

moblog_860b5296.jpg

この犬小屋は、愛愛&僕ちゃんパパ
(現・僕ちゃん&ゴーちゃんパパ)が
作って下さった手作り犬小屋。

小屋の中のボックスを取り外し可能な優れもの!!

ボックスを外して空いたスペースは
普通の犬小屋のようにベッドを入れて使用。

有効利用ってこういう事なのね

今更ながら愛愛&僕ちゃんパパに
感謝して使わせて頂いております。


これで少しは生活の質が向上!?したペー助。
今年も頑張ります!!


ペー助にはあしなが支援(募金)を募集中

すべて医療費(薬・サプリメント)です。

少し食欲も出て、胸を撫で下ろしていますが、膵炎なので下痢をしないよう整腸剤が欠かせません。

紗は低脂肪を希望

180619_163041.jpg

ペー助のご支援をお待ちしています。



ピ与彦母さん、ご支援有り難う
老犬達へのお心遣い感謝致します。

最終更新日 : 2020-01-15

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence