FC2ブログ

ケリー

りゅうのすけが亡くなってから、
心を閉ざしてしまったケリー。

moblog_e6642c99.jpg

寝場所の小屋から一歩も出ません。

ご飯さえ食べに出て来ないので
食器を小屋の中へ入れている。

小屋の前に置いてマムが姿を消すと
他の犬達に食べられてしまうからです。


日光浴にも出ないし、トイレは、朝見ると
小屋の前にしてある。

マム宅はオスが多いので、りゅうのすけの代わりに
誰かケリーを支えてくれるといいな~と願いましたが
ケリーの方が拒絶しているようだ。

たまにmix犬秋が頭を突っ込んで怒られている。


このまま、寂しく最期を迎えるのだろうか!?
哀れでならない・・。

moblog_7fc09439.jpg

カメラを向けただけで、この不安そうな表情。
直ぐに眼を逸らした。

moblog_95eee735.jpg

日光浴もしないので、皮膚の状態があまり良くない。
病院へ薬浴に行って毛を刈ってもらった。

病院へ行く時は、キャリーの戸を開けて小屋の前へ置く。
マムが姿を消すと必ず入る。
理由は判らないが、狭い方が落ち着くのか?

病院から帰宅してキャリーの戸を開けると
小屋へ一目散に走り込む・・。



混合ワクチン接種のつもりだったが、
病院では下痢を起こして、混合ワクチンを
接種できなかった。

シャンプーと一緒では負担が大きいので、
改めてワクチン接種に行く予定。

皮膚の状態はかなり悪い。
心の状態が皮膚にも表れているのかも。。。。



ケリーは2012年に引き取ったので、
今年で丸7年を過ぎた。

その時に5~6才くらいとの診察だったので、
現在12~13才くらいか・・?

眼が白くなりかけているので、実際は
もっと年を取っているかも知れない。

りゅうのすけと死に別れたショックで
更に老け込んだようだ。

moblog_93509d32.jpg

亡くなるまで寄り添って眠っていた


日向ぼっこでは、りゅうのすけを枕にして・・

moblog_83b633cf.jpg




マムの手元へ来るまでにも
残酷な状況に置かれていたケリー

不運な犬は一生不運なままのか!?
気の毒な限りです。

moblog_5aefdca6.jpg

ケリーの身の上は、マムのブログ内
「ケリー」で検索してご覧ください。

富士山麓に、この状態で遺棄されていました。

ひどい乳腺腫瘍で、腹の皮を胸から臍まで
全部めくって乳腺の除去手術を受けた。

まさに、超絶・悲惨な犬ケリー。



すべてを拒絶しているケリーには、美味しい物を
募集しています。

美味しい物が、ケリーの唯一の楽しみだと思う。


シニアのやわらかガム  &  紗 を希望
                 
moblog_46f71178.jpg


ケリーに応援・ご支援をお待ちしています。

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント