FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › ペー助
2019-10-11 (Fri) 00:00

ペー助

満身創痍というか、全身が悪いペー助。
最近、下痢の症状も見られるようになった。

慢性膵炎があるので充分に注意するようにと
先生から言われている。

190825_051956.jpg

下痢止めのサプリを2種類、朝晩に飲ませている。
朝は小腸に働くサプリ、夜は大腸に働くサプリ。

190825_051625_ed.jpg

気を付けてはいるが、膵炎が進行しているらしく
状態は改善しない・・・。

イザとなったら入院して治療する事も選択肢の一つだが、
何度も病院で意識不明となり、倒れてばかりいるので
それも躊躇してしまう。


体調が悪く、具合が悪いと入院も出来ないのだ。
入院が出来ない代わりに、薬やサプリは何種類も
処方されている。

190825_051216.jpg

高齢の老犬は対処療法で様子を見るしかない。
歯がゆいね!!

190825_051112.jpg

いつも思いますが、飼い主に見放された犬は本当に気の毒。

心が傷付いてるが治しようがない。
心が落ち込んでいると、体まで弱って来る。
これに効く薬はない・・・。

最期だけ飼い主の元で看取ってもらえれば、
少しは元気や食欲も出るのにね。


ペー助は6月に17才を過ぎた。
現在は18才に向かっている最中。

引き取った時から痴呆の症状はあったが
現在は一段と進んで夜中に何かを喚いている。


この冬はクーちゃんの横へ並べて、
室内へ入れる事も検討中。



ペー助にも、あしなが支援(募金)を募集中

雷蔵に次いで医療費が高額です。
どうぞペー助にも、ご支援をお願い致します。


食べ物は低脂肪でお願いします。

缶詰もジャーキーもオヤツも、低脂肪を希望。

180619_163041.jpg

180709_063505_ed.jpg

ナナが三途の川を渡り、その次に続くのが、
クーちゃんかペー助のどちらかだと
覚悟しています。

どうぞ、もう少しの間だけご支援をお願いします。

最終更新日 : 2019-10-11

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence