FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 星になった仲間たち 2019 › 星になったみやび君
2019-06-18 (Tue) 00:00

星になったみやび君

2019年6月5日 みやび君が星になりました

DCF00129.jpg

やぎっちさんから~

「13年を共に暮らした大切な大切なみやびを、
 神様にお返ししました。

 立派な最期でした。
 家族で見送りました。

 たくさんのありがとうを伝え、
 たくさんのありがとうをもらいました。

 15才か、16才にはなっていたと思います。
 よくがんばってくれました。

 庭に還して、みやびと言う名前の野バラを
 植えようと思っています。

 お別れが近い事をドクターに宣告されてから
 1週間がんばりました。
 
 2年生になった息子に伝えたら 
 「してやれる事は精一杯やった。 
 みやびのありがとうを、お世話になったみなさんに、
 これから伝えていこう・・」と泣きながら言いました。

 みやびは息子も立派に育ててくれました。

 マムさんへも「有り難う幸せに生きたよ」と
 言付かりましたよ。
 
 みやびの兄貴分、ぽちは、足腰弱ってきましたが、
 元気にしています。 」


心よりご冥福をお祈り致します。

もう13年も経つのですね!!
天寿を全うしました。

浜松花博の跡地、ガーデンパークに捨てられていた犬、
発見者のやぎっちさんからの連絡で、警察署へ受け取に
行ったら、もう保健所へ連れて行かれた・・と言われて
保健所へ走りました。

それが、2006年3月5日の事でした。


健康診断を受けた日、眼が固まってました

20060311051501.jpg

マム宅では、犬が次々に挨拶にやって来た

20060312062101.jpg

とても痩せていて、肋骨が浮き出ているのが見える。
ネグレクトで食べ物を十分にはもらっていなかった
と思われた。

20060311153301.jpg

間もなく、やぎっちさん宅へ引き取られて
パパの転勤にも付いて行き、息子さんが産まれて
子育てにも参加し、間違いなく家族の一員でした。

捨てられたのは不幸でしたが、真っ赤な糸のやぎっちさんに
巡り会い、幸せな一生でした。

みやび君 安らかに 


moblog_dc9975d3.jpg

兄貴分のぽち君     みやび君

ぽち君もお大事に~~。

最終更新日 : 2019-06-18

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence