FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 仔猫が鉄格子の奥から出られない!?
2019-06-29 (Sat) 00:00

仔猫が鉄格子の奥から出られない!?

静岡県中部の方から急ぎ・・との電話が入りました。

「仔猫が鉄格子の奥から出られない?・・ので
何とかして欲しい~」との依頼です。

どこの鉄格子? どんな状況? 聞いても説明が
イマイチ良く判らない・・・。



場所を尋ねたら静岡県東部の地名。

しかし、緊急の場合は、浜松から2時間以上も掛けて
走るより、地元の役所などに救出してもらった方が
解決が早い。
確実に仔猫の命が救える。

その旨伝えたが、役所には「そのような仕事は出来ない」からと
断られたとの事だった。


地元のボランテイア団体に協力依頼をしたらどうですかと
伝えたが、そのまま電話が切れてしまって、その後、
こちらから掛けても繋がらない。(出ない・・)

もしかしたら、地元の団体に断られたので遠くの浜松まで
電話を掛けて来たのかも知れない。

どんなに遠くても、ボランテイアなら駆け付けてくれる
と思ったのだろうか!?
直ぐに駆け付けて来ないマムにきっと腹が立ったに違いない。

※ 話がまた聞きで、東部の人から中部の人に話しが行き
   その中部の人からマムへ電話があったので話の内容が
   詳しく把握できないのです。
 

仔猫の命は助けたいが、余りにも遠くでは躊躇してしまう。

鉄格子の状況が判らないので、一度現地を見て、
道具や人員を確保して出直さなければならないはず。

遠くだと、何度も往復する事が難しい。
第一、平日だと人員が確保できない。

この鉄格子の場合、地理的に静岡県より神奈川県の
ボランテイア団体へ依頼した方が距離も近いし往復の
時間も短いはず。



その後、どうなったのか?
あれから凄い雨が降った。
助かったのだろうか? 流されてしまったのだろうか?

直ぐに走って行けなかったマムとしても、未だに心に
引っ掛かったままだ。    

仔猫が産まれる時期は、相談が多くなる・・・。
激しい雨が降ると、野良生活をしている犬や猫が心配です。

最終更新日 : 2019-06-29

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence