FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 星になった仲間たち 2019 › 星になったバンちゃん
2019-10-16 (Wed) 00:00

星になったバンちゃん

2019年10月14日 バンちゃんが星になりました 

前日まで自力で歩き、オヤツも皆と一緒に食べました。
しかし、夕ご飯には横を向いたので、もしかしたら・・と
気になって様子を注視していました。

食べる事だけが生きがいで、ご飯を食べないなんて
今までに一度も無かった事!!

悪い予感はしていました。




夜半、苦しそうな声を出して息が荒くなった。

明け方、3時を過ぎた頃から息もゆっくりになり
6時過ぎ、静かに星になりました。

大往生です

あの元気印のこりきでさえ、最期は寝た切りになり
流動食に頼っていたのですから、バンちゃんが
前日まで自分の歯で食べられたのは
驚異的な頑丈さ・・。

2008年6月に引き取り、11年間をマムと共に暮らしました。
皆さまにも沢山の応援やご支援を頂き
心から感謝申し上げます。 

有り難うございました

moblog_08458ee3s.jpg

超ビビリ犬で、滅多に人前へは出て来なかったので
バンちゃんをご存知の方は少なかったはず。

皆さま、有り難うございました。
笑顔で見送りました。  




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



8月27日に掲載したバンちゃんの最期の記事 

覚悟はしているものの、老衰が進行して行く犬達。

寝た切りになる犬、毎日点滴などに通院する犬、
ピンピンと暮らして最後に急変する犬・・などなど
老衰にも様々な形態があり、その都度、
介護のやり方も変わって来ます。



moblog_d00c84d7.jpg

バンちゃん 現在はすこぶる健康。
食欲もあるし、歩き廻る元気もある。

マム宅へ来て、この6月で丸11年が過ぎた。

成犬で引き取ったのでかなり高齢のはず。
年齢を考えれば、たとえ今は元気でも
油断は出来ない。

moblog_584f9084.jpg


静岡県川根町役場から(寸又峡が有名)
引き取った。

20080609131032s.jpg

亡くなったmix犬かわね、ビーグルの夏、
柴犬タロー、寅さん等の先輩犬に当たります。

この当時は、川根町役場からの引き取りが多かった。

担当者が犬を気に掛ける方だと、センターへ殺処分に
送るのが不憫で、地元のボランテイア関係者に相談する。

その関係者からマムに連絡があり、
二桁くらいの犬達がマム宅へやって来ました。



その大先輩のバンちゃんが、現在、一日中、
何かを呟いています。

ブツブツ~ きゅ~ん ばう~~、ワンワンワン~。
音声は色々ですが、何かを言っているように聞こえる。

人間でもいますよね。
高齢になって、常に何かつぶやいている人。
多分、バンちゃんは痴呆を発症した・・と思います。



ご飯を食べたばかりでも、「ご飯まぁ~だ?」と鳴く。
戸をガリガリ引っ掻いて、ご飯を出せ!と猛烈にアピール。

バンちゃんがアピールしていると、全員が集まって来て
ご飯出せ~の大合唱!!!

もちろん、全員ご飯を食べ終わっているのに、
まだ食べていない振りでご飯アピール

仕方ないので、ジャーキーを一個ずつ渡す。

※ この為に、ご飯時のフード量は少な目に
  食べさせています。



なんとも愉快なバンちゃん。

どうぞ寝たきりになりませんように~~
最期まで自力で歩き廻ってくれる事を
祈っています。

190625_180638.jpg


バンちゃん始め、大型犬達にもご支援を募集中

さすがに、硬いガムは食べられなくなって来ました。

どのワンコも硬いガムに悪戦苦闘していますので、
柔らかめのガムを希望。

7歳からのやわらかガムを希望

moblog_ae73af51.jpg

皆様のご理解をお願い致します。

最終更新日 : 2019-10-16

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence