FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 雷蔵
2019-04-26 (Fri) 00:00

雷蔵

再び、血糖検査の間隔が短くなった雷蔵。

インスリンの量を決める為には、血糖検査を必ず
受けなければならない。

数値が良い時には1ヶ月くらいの間隔なのだが
数値が悪化して来ると、検査が頻繁になり
その結果でインスリン量が変動する。

そして雷蔵は、検査の都度、悪化が進んでいる。


本人は元気があり普通の犬のように暮らしているので
この、元気なままで最期を迎えられたらと願っています。



まるで、眼が見えるかのように、お気に入りのベッドに
フリースを持ち込んで好きなように丸めて使用。
こういう所はとても利口です。

moblog_84506bc4.jpg

大きなベッドを分捕りました。
これは寅さん用のベッドですが、寅さんは雷蔵に
遠慮?して離れた所から眺めているだけ・・。

取り戻す為の行動を起こさない寅さん。
やはり大型犬の方が、優しさの心も大きいようだ。
そのまま、雷蔵が自分で立ち去るのを待っている。

moblog_b3403a4f.jpg

シャッター音で眼を覚まし、周りをキョロキョロ

moblog_718e7b01.jpg

この場所を明け渡したのは夕飯の時・・
ご飯の時は食器の位置が決まっているので、そちらへ移動。
食後は自分のベッドへ戻りました。

moblog_571952fd.jpg

今は、血糖値が高くても平和な日々ですが、合併症や
膵炎が悪化して下痢とか、様々な症状が出始めたら、
こんなに悠長な写真は撮る事が出来なくなると思う。


糖尿病の合併症で手足を切断する・・と言うのが一番怖い。
そんな日が来ませんようにと祈るだけです。


今回の血糖値も高かった・・
インスリンは3.5単位を投与。

前回も高かったが、今回も呆れるほど高い。
毎回、検査の最高数値を振り切っています。
雷蔵の身体の中は一体どうなっているのだろう。


インスリン注射器の目盛りが細かいので、
チョビアル母さんがセットして下さる。
毎回、有り難うございます。


嬉しい事が有った!。 なんと体重が増えていたのだ。
前回4㎏ジャスト。 
次は3㎏台だろうと悲観した予想を立てていたのだが
400gの増加。

数値が悪化しているのに反して、太ったのは良いのか
悪いのかは判らないが、体重が増加したのは嬉しい事に
しよう。


膀胱炎を起こし血尿が出て、抗生剤を飲んでいたが、
もう2週間継続して飲む事になった。
こちらも早く治りますように・・・。


雷蔵へはマナーおむつのご支援を希望しております。

サイズL ウエスト45~50cm 中型犬用

moblog_54faa65c.jpg

あしなが支援(募金)も募集中

・ 血糖検査費用
・ インスリン
・ 注射器
・ 膀胱炎の抗生剤
・ 膵炎予防の為のサプリ(マイトマックス)
・ クッシング症の薬

など、処方される薬が沢山あり、費用もかなり嵩みます。
頑張っている雷蔵にご支援・応援をお願い致します。



ご支援有り難うございます。

ちゃちゃ丸母さん  マイトマックス 1ボトル感謝致します

2019-04-24-瀧本チャチャマル

写真はダックさんのブログから拝借しました。

最終更新日 : 2019-04-26

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence