FC2ブログ

仔猫のシーズンがやって来ました

アチコチから仔猫(若猫・おとな猫も)を保護したという
情報が入るようになりました。
毎年の事ですが、不幸な猫が減る様子は無く見えません。

役所が不妊手術助成金を出したり、ボランテイア自体も
不妊手術を実施して元の場所へ戻したりと、縁の下で
努力をしていますが、不幸な猫の数が減らないのです。

一体なぜ??

その地域全部の不妊手術を済ませても、後から後から
捨てられる猫が後を絶たない。
又は、近くに捨てられた猫が、移動して来る。

捨てないまでも、外へ自由に出す飼い方をしている家庭も
あり、その猫が妊娠・出産すると仔猫だけ捨てに来る。

時には子供を産む猫は面倒と、母子一緒に置き去りにする

そうです、不幸な猫が減らない原因は、人間なのです 


・ 飼い猫は不妊手術をする
・ 完全室内飼いをする

そうすれば、不幸な猫が徐々に減るはずなのですが、
飼い主のモラルは旧態依然・・低いのが現状。
猫の飼い方について、もう一度見直してみましょう。



猫を手元で保護して、譲渡会に参加する意思のある方には
譲渡会を開いている団体をご紹介出来ます。

但し、どの団体も猫は引き取れませんので、その点を
ご承知置き下さい。
どの団体も、猫の保護施設を持っていません。
手元は、今までに保護した猫で満杯です。


里親さんが見つかるまでは、自分の手元で保護するのが
原則。 その点のご理解をお願い致します。


ラウルママさんが仔猫を5匹保護しました。
とっても可愛い~仔猫たち

image5.jpeg

image4.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg

image1.jpeg

若猫もいます 

171116-3.jpg

moblog_a08945f3.jpg

moblog_45b0c6d2.jpg

おとな猫もいます 

sp-056794300s1539172015.jpg

ご希望が有りましたら、お知らせ下さい。
猫を連れてお宅まで訪問します。

猫の保護状況をSNSなどで拡散をお願いします。
飼う為の条件がある事を、必ず付記して下さいね。

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント