FC2ブログ

ペー助

前回の検診で、腎臓の悪化が見つかったペー助。

moblog_c7a3d19b.jpg


老犬が受診すると、必ず悪い所が見つかるので
フィラリアなど予防の為の血液検査を受ける時は、
ハラハラして結果を待ちます。

今回も、更に詳しい検査を受けることになり、半日検査入院。
結果、慢性膵炎が発見された(やはり・・

moblog_3d9a2635.jpg

moblog_4fe9d8d4.jpg

嘔吐、下痢、その他、何か気が付いた症状が無いか?と
聞かれたが・・・・
全くありません・・と答えた

本当に元気なのです。

食欲はある、大きな声で吠える、下痢なし、嘔吐なし
毎日元気はつらつで過ごしています
膵炎に該当する症状は見当たりません・・と答えた


『そうですね、半日預かって見てましたが、とっても元気で
 悪い所は無さそうに見えますが、実は・・』 と先生

『表面には表れていないが、体内に爆弾を抱えていると
 思って下さい。
 突然、急変する場合があり、死亡する例もあります・・』 


えっ!!~ 大変だぁ 
帰宅して調べたら、膵炎が重症の場合の生存率は50%


そう言えば、チョビアル凜母さん宅の凜ちゃんを
引き取った時、もう一匹のパピヨンを保健所から
引き取りました。

1ヶ月間に半分入院していた犬
そのパピちゃんも膵炎で急逝したのでした。

膵炎は外からは見えない恐ろしい病気。
ペー助も注意深く観察するよう指示が出ました  


飲み薬が処方され、いよいよ病犬の仲間入り
年齢的にも15才なので、気を付けねばならない。


ペー助のあしなが支援(募金)を募っています
細く長いご支援をお願い致します。



トホホホ・・・そんな犬ばかり

マム宅は後期高齢犬のオンパレード。
人間だったら医療費がもの凄い事になる

無論、犬だって凄いのだが・・・超赤字の連続です。


老犬と病犬に・・
皆様の暖かいご理解とご支援をお待ちしています。

病気は決して彼らのせいではありません。
不可抗力・・年をとったら誰でも病気になります。

飼い主と離された心の傷は治してやれなくても
せめて、体の苦痛だけは取ってやりたい~~。

ペー助が虹の橋を渡るのも、1~2年先に迫っている。
最後に苦痛を感じさせないように治療を受けさせ
穏やかに逝かせたいと思っている。


どうか、老犬・病犬達に暖かいご支援(募金)をお願い致します。



今回の病院は、雷蔵と一緒に 
雷蔵は血糖検査 

moblog_030784ed.jpg

病院へ行くと、途端に大人しくなる2匹
もう帰りたくて出口の方へ引っ張る

moblog_06a3428a.jpg


ペー助は性格の良い犬だが、騒がしい犬なので、
住宅街での飼育は無理。

老後を、のんびりと暮せたら良かったのにね・・
マム宅では沢山の犬との共同生活なので、のんびりとは
暮らせない。

吠えるのは要求。
今までは一人っ子なので直ぐに要求が満たされた。
マム宅では吠えても、なかなか要求は満たされない。
それで、いつまでも吠えている事になる。 
気の毒だ。


現在、マムは手の指・足腰が痛くて、散歩には不向きな体調。
なので、散歩も短時間で済ませてしまう。
ペー助も腎臓や膵臓が悪化しているから、まっいいか~
で終わらせてしまいます。

気の緒毒ですが、もう少しの間辛抱しましょうね。

moblog_8d9405b3.jpg

もう少しって~??
どちらか(ペー助かマム)が天国へ逝くまでです・・・・  


ペー助にも細くて長い あしなが支援を募っています。


moblog_2d9f3350.jpg

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント