FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 星になった仲間たち 2018 › 星になった うど麻呂君
2018-02-23 (Fri) 00:00

星になった うど麻呂君

2018年2月21日 うど君が星になりました  

うど君ママから~

『 21日、夜 うっちゃんが☆になりました。
  トイレシートなど、皆様からのご協力
  本当にありがとうございました。 』


寝たきりの介護、お疲れ様でした。
大型犬でしたから大変でしたね・・。
最期まで手を掛けて下さり、心から感謝致します。

飼育放棄で引き取ったmixの大型犬。
マムが散歩で引き倒されて足の小指にヒビが入り
預かり宅を募集したら、今のママが預かりを申し出て下さった。
そして、そのままうちの子に迎えて下さった。

感謝してもし切れません。
本当に、本当に、有り難うございました。

うど君のご冥福をお祈り致します。      



若い頃は元気が良く、日除けのヨシズを壊すのが得意だった。

moblog_a6367721.jpg

検診の為病院へ 
助手席に大人しく乗りました 

DVC00051s.jpg

手の主は、みゅ~ママさん

CAULGIYF.jpg

こんなに甘えん坊だった うど君

CARLP7U6.jpg

うど君の引き取り依頼があった時、正直言って迷いました。

他のボランテイア団体から、もらった犬との事。
そこへ返したらどうかな・・と思ったのです。

その頃は大型犬だけでも20匹くらい保護していた時期で、
新しく受け入れるにはスペースもなく、手も足りない状態だった。

でも、譲渡から4年も経った犬を返したいと云われても
その団体さんだって困るだろう。

縁あってマムへ依頼があったのだからと、みゅ~ママさんが
背中を押してくれ、引き取りにも同行してくれた。

本当にそう思いました。
一瞬でも迷った事が恥ずかしく思われた。

とても甘えん坊で性格の良い犬でしたが、大型犬は
人気がなく、今のお宅で預かって下さり、そのまま
自分の子として迎えて頂きました。

周りの方々に助けてもらって完結したレスキューでした。

うど君 安らかに 

最終更新日 : 2018-02-23

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence