FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 栗子ばあさん
2017-12-19 (Tue) 00:00

栗子ばあさん

具合悪そうだった栗子ばあさん
尿に潜血があるので再診に行って来ました

171116_132048.jpg

少し回復して来たようです

空揚げなら3個くらいは食べるようになった
ジャーキーの紗なら5本は食べる
正しい食事には程遠いが、とにかく食べる気力が
出て来たのは嬉しい

moblog_12b4a7ab.jpg

食欲が回復した要因はなにか???

moblog_b5f29fdb.jpg

常に伏している写真しか撮れなかったのに 
立ちあがって今にも歩き出そうとしている

moblog_a38dc0a2.jpg

カメラの方をしっかり見る 
今までには無かった事だ・・・

moblog_c29bfcf8.jpg

この後、トイレを済ませ水を飲んで歩き回った

moblog_dcef22f2.jpg

紗を1本咥えさせたら、Uターンして小屋の中へ

moblog_a8045161.jpg

食べきったらジャーキーの催促 
催促なんて珍しい事、追加で3本食べました

しかし、これで本日の食事は終わり
後はいくら出しても受け付けない

夕飯タイム、他の犬達が美味しそうに食べても 
栗子ばあさんは顔も上げない

不思議がいっぱいの栗子ばあさん


不可解な事もある
動けるようになったら夜鳴きも再発 一晩中鳴いている 

脳の仕組みの問題だろうか??
脳が活性化して、体を動かしご飯を食べさせ鳴かせるのか

バイオリズムで活動期と停滞期がある事は良く知られているが
それだろうか ・・・


診察で尿に潜血が見られたので抗生剤を注射してもらった
どこかに堪えがたい痛みがあったのが偶然その抗生剤で
治り、痛みが無くなった?

※ 例えば歯が痛かった
※ 子宮や卵巣が化膿して食欲が出なかった
   (引き取って以来、体調不良で避妊手術が出来ない)

痛かったどこかが抗生剤で治って体が楽になったとか・・
いろいろ考えられるが正解は解らないまま


しかし、空揚げとジャーキーだけでは栄養が偏ってしまうし
腸にも良くない 
現に排便の始末が大変になっている  

排便処理が大変でも、せっかく食欲が出て来たので
当分は、空揚げとジャーキーで胃を大きくしてやり
食欲が湧くように持って行きたい



栗子ばあさんに食べ物アドバイスを下さいました皆様
有り難うございました
根気よく、様々な物を試して行きたいと思います


支援物資を応援下さる皆様にも、心より感謝申し上げます
今後とも栗子ばあさんに、ご支援をお願いします

moblog_bc68de0d.jpg

気のせいか優しい表情     


栗子ばあさんに希望する物

moblog_3fde61a1.jpg
moblog_a57c82f3.jpg
moblog_46f71178.jpg

いろいろ試して見たいと思います
1個でも2個でもバラでもOK

栗子ばあさんにクリスマスプレゼントのご支援を
お待ちしております

             

最終更新日 : 2017-12-19

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence