FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › りゅうのすけ 最悪の結果
2017-10-30 (Mon) 00:00

りゅうのすけ 最悪の結果

170925_092408.jpg

りゅうのすけ 2回目の検査結果が出ました

検査の名称は「心筋トロポニンCーтn I 検査」
残念な結果 すでに 心筋の壊死が起きていた

何段階かあり りゅうのすけの数値は最悪クラス ・・
数値を見ると危険域の数字だという

moblog_5312d726.jpg

いつ何時 心臓が役目を終えるか判らない状況なので その点を
理解して置くようにと説明された


言葉がありません    


飼い主さんとの辛い別離で心が傷付き 5年経ってようやく
心を開いて慣れ始めてきたところなのに ・・

運命と云うならこれ以上ない過酷な運命だ
しかし逃れる術はありません

moblog_4efe1592.jpg

心臓の薬は 量が2倍に増えました
今後 さらに別の薬も増えるらしいが検査で悪化の状況を
見ながらとなります

膵炎などの合併症を起こすとアウト ・・ との事
細心の注意を払って見守る必要がある


定期的に検査も必要となるので りゅうのすけには 募金での
ご支援をお待ちしています


moblog_358c5698.jpg

美味しいオヤツを沢山食べさせてやりたいと言ったら
先生から ・・ ダメです

「心臓の悪い犬にとって肥満は最大の敵 
 現状維持で行って下さい」 と ダメ押しされた

でも 少し体重が減っているんですけど ~
食が細いんですけど ~ と食い下がった 

「体重減少は様子を見守りましょう とにかく肥満はダメ」

・・ そうですね 先生の話は正論です ・・

先生は正しい ~~~
太ると体中へ血液を送るのに心臓に負荷が掛かってしまう


でも 最期がいつ来るか判らないのなら 食べさせてやりたい
いや 太らせてはダメだ
この二律背反した考えが頭の中を駆け巡っています


もうマムには何もしてやれる事はない
ただ祈るだけ
こんなに悲しい事はない      

どうぞ毎日が苦しくないよう過ごせますように ・・・


りゅうのすけには ガム1本を半分にカットして与えています 
太らない為の苦肉の策   

オヤツを与える理由は 手足や体を触わらせてくれたら
そのご褒美です


マム宅の犬は全員 途中から引き取った犬ばかり 

飼い主との別れで心が傷付き 人間は信じないぞ ~ と 
唸ったり歯を剥く犬もいるのでマムに馴れてもらう為 
体を触る事から馴らして行きます

その過程で噛まれる事も有るがそれは想定内
とにかく体・顔・手足を触らせてくれたら オヤツを与える

全員 順番に毎日毎日撫でまわす
なので 美味しいオヤツが必要となるのです


りゅうのすけは引き取った時 全く社会化が出来ておらず
総ての事に恐怖を感じていたようだ

周りの犬・車・バイクの音・マムにだって体を触らせなかった
未だに散歩へも行けないので病院への行き帰りは抱っこの状態

今は体を触っても嫌がらなくなった
オヤツもマムの手から受け取って食べられるようになった
すべてが上手く進んでいたのに 

悲しいよ ・・・・・・



(先生に内緒で) りゅうのすけに  ご支援をお願い致します 


STIL0002_ed.jpg

りゅうのすけ 今ではダントツに穏やかないい子になりました
年が明けたら14才になります

寿命が先に尽きるか !  心筋壊死が先か !! 

見守るだけなんて 悲しいよ  ・・・・・・

170914_165852.jpg

りゅうのすけへのご支援は 『 募金 』 でお願い致します   


ご支援有り難うございます

カイ・ココ・ベルのお宅
里香さん
まろかかさん
ももの母さん
 

最終更新日 : 2017-10-30

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence