FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 負傷猫ノアちゃん 退院しました
2017-09-16 (Sat) 00:00

負傷猫ノアちゃん 退院しました

3月から入院していた負傷猫ノアちゃん
5ヶ月経ってようやく退院の許可が下りました

ジジママさんが預かって下さいます  感謝  

早速 ノアちゃんの第一日目の様子が送られて来ました


 『 昨日はノアちゃんシャーフーで、緊張して動けませんでした~

  DCF00017.jpg

  でも、夜中の内に ご飯も食べ オシッコもした様で、
  そしたらなんだか人恋しくなっちゃったみたいで、
  朝にはベタベタに甘えてなんとか落ち着いてくれました。

  DCF00020 (1)

  意外とあさこの事も平気みたいです
  あさこは猫ごはんを味見してみたい…

  DCF00022.jpg

  確か少し前まで尻尾はダラリとして動かなかったはずですが、
  なんかクネクネしっかり先端まで動いてます。

  骨折した側の足は まだほんのきも~ち、かばっていると
  いうだけの程度です。
  取り敢えず、こんな感じです。  』

  DCF00018.jpg

ジジママさん お世話になります  

手足の筋肉も内臓も 体中の全筋肉が落ちてしまい 
リハビリが大変
どうぞよろしくお願い致します

あさこちゃんと仲よくなれそうな予感がして嬉しい 
寄り添った姿が見られたらラッキーです


ノアちゃんを発見し ジジママさんに繋いで下さった方にも
感謝です

結局はジジママさんに押し付けた形にはなりましたが
その方が手を差し伸べてくれたからこそ ノアちゃんは
助かった

発見した時は 干からびて2㎏くらいしかなかったらしい
骨と皮だけの重さです

筋肉も脂肪も全くついていなかった
何らかの事故で脊椎と腰の骨がグシャグシャになり歩けなかった 

当然餌にもあり付けず 脱水と栄養不足で餓死寸前

最初に発見した方の迅速な行動がいかに大切か ・・
即 ジジママさんに繋いでくれました
(猫を託されたジジママさんは大変な思いをしましたが ・・)

そのまま放置したら 翌朝には死亡していたかも知れぬ
本当に有り難うございました


ももの母さんも 預かりを申し出て下さり有り難うございます
同じ病院だったので とても気に掛けて頂き感謝致します



成り行きで ジジママさんが預かる事になりました

大変かと思いますが 新しい家族が見つかるまで 
どうぞ宜しくお願い致します

ノアちゃんをご希望の方は マムまでお知らせ下さい
当方より連れて訪問致します


詳しくはジジママさんのブログ 「手風琴街便り」 をご覧ください


ノアちゃん募金などで 皆様にご協力をお願いしましたが
暖かいお気持ちの募金が集まり 入院費も支払えました

引き続きノアちゃん募金を募集中
ノアちゃんに ご理解とご支援をお願い致します

最終更新日 : 2017-09-16

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence