FC2ブログ

雷蔵 老化が進行中 

ミニピンの雷蔵

普段はこんなキレイな眼に こんな可愛い表情(親バカです)を
しているのですが ある朝 眼が開かなくなっていた

目ヤニ? 膿? が 眼裂にこびり付いて乾いていた

moblog_c56abcd5.jpg

手元にある目薬を指し 何とか眼が開くようにしたけれど
その目薬を 毎日 何回も指すのが大変
大暴れです

しかも何日たっても炎症が治らない
多分 ドライアイだろうと簡単に考えていたが 
いつまで経っても改善が見られないので受診

moblog_96c93c7e.jpg


病院で 涙の量を計測してもらったら 右目ゼロ
1分間計っても 涙が一滴も出なかった   

左目は僅かに涙が出ていたが 計測範囲外との事で
ドライアイに間違いなし 


気が付きませんでした ・・ と言い訳いしたら
「 ドライアイそのものは判りにくいですからね 
  でも 目ヤニが多いとか 気にして目を掻くとか
  何かの兆候はあったはずですよ 
  ここまで悪化するのはそうとう日数が経ってます 」 

確かにそうです
だから手元にあった目薬を指していたんです ・・
口の中で もぞもぞと まだ言い訳してました   

ごめんね 雷蔵
ドライアイって本人は辛いのよね

加齢による症状なので治療法はない
生涯 涙液を指し続けるだけ ・・ しかも日に数回


・・・・
もう一つ 加齢による目の症状で 光彩が無くなって
網目状だけが残っているとの説明

周りの明るさに応じて光彩と瞳孔が収縮して 
目を保護しているのだが 機能が失われると 
眩しくて目を開けていられない

多分 昼間はまぶしそうな目をしていると思いますよと
説明された

 
室内でも 昼間は  こんなに眩しそうにしている

moblog_092984fb.jpg

顔の毛が白くなった と思っていたが表面だけではなく 
中身も確実に老化が進んでいたのだ


目薬2種類と注意書きをもらって帰宅
さて どうやって一日数回もの目薬を指せば良いのか ・・・ 



嬉しい事もありました  大幅に体重減量です  

目指せ5㎏台 ~ と頑張って来ましたが 今回はとうとう
5㎏台へ突入

moblog_7cbf5506.jpg

引き取った時が7.9㎏  異様な姿のミニピンで
カモシカの足に 子豚の体が乗っていた

moblog_0e562580.jpg


先生からは 決して急激な減量はしないようにとの注意があり
ドッグフードを一日に一粒づつ減らすような工夫をして
減量に励んできました

4年で約2、3㎏の減量 

※ 人間で考えた時 
   79㎏の人が4年で23㎏減量し56㎏までになった 
   これは大成功ですよね

moblog_0b9eb9d1.jpg


雷蔵が一番頑張りました   

この後は 定期的に眼の検査を受ける為の通院を予定


雷蔵に あしなが支援 を募っています

2種類の目薬 と 定期的な検査費用 

ドライアイも 光彩が無くなっているのも これで失明するという
病気ではありませんが 生涯 目薬が手放せない手の掛かる
厄介な症状です

※ 目薬を嫌がるので それはそれは大変な日々  


定期的に通院して その症状緩和をはかって行きたいと
思っています

雷蔵へのご支援を お待ちしています


 


雷蔵に マナーベルト & オムツを 募集

オスなので やはりトイレがネック

オムツは  この製品が使いやすく助かっています

moblog_319e7ff9.jpg

今までにも 皆様から様々なオムツをご寄付頂きましたが
今回ご寄付のあったこれを使ってみたら 
「アッ これ雷蔵に丁度いい」 感覚がピタリと合いました

ペットライブラリー株式会社の製品 サイズ S 

現在のオムツは2Sなのでウエストが合わない ・・ 
ガムテープで留めています

moblog_3045ed75.jpg


マナーベルト代わりにトイレシーツもこんな風に利用 

moblog_74f5c167.jpg

三角形の体型なので 直ぐに脱げてくる
5分後には 丸くなったシーツだけが脱ぎ捨てられている

犬用のサスペンダーも ご自分の愛犬にご不用の方が
ありましたら 是非 ご寄付下さい


moblog_60adfe38.jpg

とりあえずは 眼の炎症が治まるまで室内に と思っていますが
ドライアイと光彩消失は もう治らないので 今後 ずっと
室内になるかも ・・

トイレも近いし ポタポタ垂らしながら歩く
もう 介護生活に突入したかのような雷蔵

オムツやマナーベルトは 今後も募集を続けます

雷蔵にご理解とご支援をお願い致します


ご支援有り難うございます

ちゃらママさん
カツマタさん
キヨシママるみ子さん

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント