FC2ブログ

星になったねねちゃん

「チームなにぬねの」さんから 悲しいお知らせ  

  moblog_f46006b1.jpg

『 悪性リンパ腫で闘病しておりましたねねですが、
  21日に沢山の思い出を持って旅立ちました。9歳でした。

  ねねの保護に携わって下さり御縁を取り持って下さった皆様
  本当に本当にありがとうございました。

  ねねは抗がん剤治療を始めてから、本当に病気なの?と
  疑う程元気な時期が大半でした。
  とはいえ、完治は不可能だと宣告されておりましたので、
  その9ヶ月間はねねと沢山お話しをし、沢山抱きしめ、
  沢山ありがとうを伝える事ができました。

  moblog_09b328a7.jpg

  癌というのは、とても憎たらしい病ですが、お別れの時間を
  くれる事だけが、私達家族にとっては後悔のない最期が送れた…
  そんな気がします。

  4年4ヶ月前にうちの子になり本当にねねは変わっていきました。
  甘っタレねねちゃんはいつまで経っても赤ちゃんみたいで
  トイレやお風呂にもピッタリと着いてくる程でした。
  旅行はじめ沢山お出掛けしたり、沢山の方々に可愛いがって
  頂きました。 
  家族みんなとの旅行は嬉しかったんでしょう~ピョンピョン跳ねて
  喜ぶ姿が今も忘れられません。

  家の中でもお散歩時も夜中も病院で点滴している間も、
  私と目が合うだけでちぎれんばかりの尻尾フリフリで
  本当に本当に愛おしい子でした。

  闘病生活は家族一丸となり何とか胃から栄養を入れる為の
  食事作りは大変でした。 消化系のリンパ腫だったので
  食べたいのに体が受け付けないのか 全く食べない日も
  増えてきました。

  ただねねは台所から離れず食べる事を諦めません!
  ねねが諦めていないのに私達が諦めるわけにはいかず、
  毎食10種類以上のご飯を用意し、どれでも良いから
  食べる気になりますように…そんな毎日でした。

  そんな甲斐もあり、亡くなる前日まで自分から少しですが
  ご飯を食べる事もできました。
  また、運良く点滴と消炎効果の注射が効いたのでその間は
  元気に過ごすこともできました。

  moblog_7b36555c.jpg

  今はポッカリと心に穴が空いてしまったそんな心境で、
  時より不意に襲ってくる嗚咽が ねねの居ないこの世の現実を
  突きつけてくる…そんな気がします。

  ねねの表情、匂い、仕草、鳴き声、息遣い、毛並、ねねの感触
  全て薄らぐ事なく、永遠に残っていますように…

  ねねとの 赤い糸を私に繋いで下さり感謝しかありません。
  ありがとうございました!!  』


 
 心よりねねちゃんのご冥福をお祈り致します   

 4年前のねねちゃんを思い出してマムも涙が溢れてきました

  moblog_b319c85d.jpg

 大量にセンターへ処分に持ち込まれたシーズーたち
 ねねちゃんはその内の1匹で とても酷い状態だったので
 センターで丸刈りにしてありました

  moblog_543c1af2.jpg
   センターで撮影した日の ねねちゃん
  
  moblog_252525ed.jpg
   引き取って通院した日の ねねちゃん

  moblog_5f190ef1.jpg
  にゃむの譲渡会場へ来てくれた ねねちゃん のんのんちゃん

 
 ガン末期の大変な看取りをして下さり 心から感謝申し上げます
 ねねちゃんは きっと幸せだったよ~と言い残して旅立ったに
 違いありません
 本当に 本当に 有り難うございました

 ねねちゃん 良く頑張ったね 

 あの時 一緒に引き取った おっこちゃんも豊ちゃんも 
 既に 虹の橋を渡って向こうで待っています

 みんなで仲良く暮らして下さいね 
    

 のんのんちゃんは お元気ですか ?

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント