まめ 熱中症対策で ・・

いよいよ熱中症対策が必要な季節となりましたね

梅雨の合間だというのに 日本全国猛暑に突入
浜松市でも この所 熱中症予防情報が出ています
 

『『 暑さ指数(WBGT)が 27 『 警戒レベル 』との予測が
   環境省から出されています。
   運動や激しい作業をする際には定期的に水分補給、
   休息を取り入れましょう。  』』


こんな内容で 情報がメール配信されて来ます
このメール配信は大変有り難い

自分で情報を探さなくても 登録さえしておけば
市から自動配信されて来るのです

これを元に 犬達の日陰や水の置き場などを再確認に
廻ります


特に水容器に気を配ります

水をどれくらい飲んでいるのか 判る範囲で計量する 
あまり飲まない犬もいて気にかかる

容器の形を変えたり材質を変えると 良く飲めるようになる
との情報もあり プラスチックバケツ ステンレス容器 
金盥 など いろいろ試して見たがマム宅の犬達は
あまりこだわっていないようだ

日陰で涼しく 水を沢山飲んで ご飯も沢山食べて ・・
夏場を乗り切るのはこれしかないですね


室内で暮らす犬にも熱中症が多発しているらしい

乳び胸の犬 まめは肺呼吸機能が落ちているので
室内温度や湿度には気を使う

しかし エアコンが効かない ・・
取り付けて15年が経ち 修理すると新品を買うより
高くなるそうです

買い替えるしかないのかな ・・    


病気の犬には替えられない
熱中症を起こしたり 呼吸困難でチアノーゼを起こしたら命取り
 
酸素室をリースしたら もっと費用が掛かるはずだもの
清水の舞台から飛び降りたよ ・・・ 


やはりエアコンは有り難い
まめの呼吸(病状)を観察するクセが付いていて いつまでも
胸を眺めている ・・

軽やかに呼吸していると嬉しい
ハアハアと苦しそうな呼吸は こちらも息が止まりそうになる
夏の間だけ エアコンは治療の一環と思って利用する

moblog_9305dc29.jpg

乳び胸のまめ 6ヶ月振りに定期検診=レントゲン撮影

前回の肺と比較して 変化がないか異常がないかを調べる
肺に白い点々があるが正体は不明 ・・ これは不安材料

肺の端は縮んで肥厚し 肺面積が通常よりやや小
肺呼吸が苦しいのはこれに起因する

この状況は横ばいが最良との説明  
手術をして乳びの流出を止めたが これは完治ではない
 
すでに乳びで臓器が爛れた状態になっていたから
肺も心臓も正常ではない

どうぞ いつまでも横ばいが続きますように     

moblog_3173f96e.jpg

次は 再び6ヶ月後に定期検診の予定


まめ あしなが支援を募っています

定期検診 と 療法食の指定があります
食事は徹底して守るようにとの指示が出ていますので 
皆様のご理解とご支援をお待ちしています

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント