FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › かわね 食欲が戻りました
2017-04-28 (Fri) 10:37

かわね 食欲が戻りました

かわね 元気になりました

moblog_ed3d9386.jpg

抗がん剤投与から5日くらいは固形物も口にせず
副作用か ? と心配しましたが フードを食べ始めました

腎不全が進行しているので 現在の療法食フードが望ましいと
説明を受けています

本当は そんなに長く生きられないのなら 何でも好きな物を
食べさせてやりたいと思うのですが 腎不全は悪化すると
尿毒症を起こし 死に直結する恐ろしい病気

先生から強く言われていますので 心を鬼にし 
他の食べ物は出しませんでした

いくら待っても美味しい物が出てこない事を理解したらしい
療法食をバリバリ食べてくれるようになった

副作用ではなく ・・ ワガママだった ?
私はガンなの~という感じで 病人を装った ?

美味しい物を獲得する為の知恵か ・・ 以外に利口

moblog_353c2590.jpg

とにかく 元気が戻ってやれやれです

moblog_f6a2225b.jpg

この調子なら 次の抗がん剤も投与できるはず ・・
慎重に体調を見定めています

moblog_1a206c56.jpg

かわねの変化 

・ 家じゅうの敷き物やベッドを集めて来るようになった
・ 甘えん坊になりやたらベタベタして抱きついてくる
・ 飯はまだか? 早く出せと指示(吠える)をする
 
moblog_debea239.jpg

他の犬が敷物を敷いていると 必ず自分の物にする
(家の中の物は自分の所有物と思っている)

マムが布団を敷くと 取りに来るのではなく
布団の上へ乗りにくる 
(これは自分が偉いと勘違いしている犬が取る行動)

これらの行動を観察すると どうも 自分が一番偉くなったと
勘違いしているらしい

マムにベタベタして抱きついて来るのは 自分に従わせようと
しているようにも見える (マウンテイング)


もしかして 抗がん剤の影響でかわねの知能が高くなった?

なんて事はあるはずがないので 手術前後からマムが
かわねを気遣って優しく扱っているのを勘違いしたのだろう


かわねが一番になっても 現在 一緒に暮らしている犬とは
トラブルも起きないのでそのままにする

偉くなったと思う勘違いも可愛い ~ 
                (やっぱり かわねに甘いかな)


かわねに ご支援を募っています

moblog_6f11ba27.jpg

療法食 腎臓サポート (ロイヤルカナン) ノーマル


あしなが支援も募っています
皆様のご理解とご支援を お願い致します

最終更新日 : 2017-11-17

[genial_resp3c] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence