かわね 抗がん剤治療開始

moblog_8187018f.jpg

悪性腫瘍がリンパ管に転移していた かわね
迷いましたが抗がん剤の使用を決断しました

前にも書きましたが ・・
飼い犬でも保護犬でも 病気をして辛いのは同じ
苦しいのも同じ 痛いのも同じはず 

迷うことなどなかったのですが副作用も出る場合があるとの
説明だったので頭の中で整理して納得した
 

今までにも悪性腫瘍の犬を何頭も見送って来たが
症状に個体差はあったものの総じて苦しい最期だったようだ

一昔前 悪性腫瘍を発症した犬で 転移している犬や
手術が出来ない場合は もうそのまま最期を看取るしか
方法はなかった

今は 薬も進歩して効果の高い抗がん剤も開発されている
かわねへの抗がん剤投与は ガンを治すのではなく 
これ以上ガン細胞が増えないよう 転移しないようにする為のもの

ただし 血液細胞が極端に減少したような場合は ただちに
抗がん剤の使用は中止する
その場合は もう治療法は無いので静かに看取るしかない ・・

抗がん剤を使用しても効果が明確でない場合もある
そして ガンそのものは完治しないと説明を受けた


現状の横ばいのままで最期を迎えられたら そんなに
苦しむ事もなく逝けるはず 

マムの願いは闘病中も苦しまない事 それだけです
通常の苦痛はあるでしょうが 耐えがたい苦しみだけは
避けてやりたい


moblog_3c8ed849.jpg


コーギーの こじろうくんもガンとの闘病中

昨年の秋 病院で久し振りに会った こじろうくんも
ガンとの闘病中でした

インタードッグ(抗がん剤)を使っているとの事で
少し副作用もあり やつれていたような気もします

moblog_c61c8d4f.jpg

ふっくらしていた頃のこじろうくん 頑張ってね

moblog_b5225808.jpg

今のご家庭は すっかり安心してヘソ天で爆睡中

moblog_902b44d0.jpg

人も動物も幸せの絶頂から突き落とす恐ろしい悪性のガン

一度は 飼い主に見捨てられて遺棄され処分に持ち込まれ
命の危機にさらされた犬達

そのような悲惨な苦境を生き抜いた保護犬達だからこそ 
最先端の獣医学医療の恩恵を受けさせたいと考えています

贅沢との非難がある事は重々承知の上ですが
皆様のご理解とご支援をお願い致します

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント