ももちゃん 検査その後

ももちゃん腫瘍の受診

引き取った時から乳腺腫瘍があることは判ってました
左側の下の乳房がやけに膨らんで垂れ下がっています

マム宅では今年に入ってから 直虎 椿ばあちゃん かわね と
大きな手術予定の犬が続き 漸く ももちゃんの番がやって来た

ももちゃんは避妊手術がしてなかったので 
子宮系の病気を発症するする事は予想されていた

moblog_e1f81f99.jpg

ラウルママさんが手伝いに来てくれましたが 車へ乗せるのに
抱き上げようとすると唸る ・・

この所 他の犬に噛み付く事が多く精神的に不安定だ

唸るの次は 噛む !!なので 慎重にキャリーへ入れて
二人で運んだ ・・ 重い !!

moblog_38f1a071.jpg

診察室でもビビリオーラ ~
診察台を低くしても 自分では乗れない

moblog_82fd11f9.jpg

噛み付き防止の為カラーを着けた
先生が抱き上げて診察台へ~  さすが !! 獣医さん
体重19㎏ マム宅へ来て少し痩せました

moblog_e92e39c5.jpg

気を付けて見れば 足の皮 たるんでますね 
以後 ご飯の量増やしました


今回の検査で様々な事が判明した
尿に細菌感染が見られ 膀胱炎になりかかっている
検便でも細菌が見つかり 大腸炎が起きている模様

もう1ヶ所 反対側の乳房にも小さい腫瘍が出来ていたので
併せてそれもパンチ検査の対象とした

肺全体に結節が多数みられるが 加齢によるものか
腫瘍からガンが転移したものかは不明

乳腺腫瘍が悪性の場合 肺に転移しやすい   
パンチ検査(病変細胞を一部取り出す)で・・病理検査に出す


万一良性でも 腫瘍がかなり大きく腫れ上がっているので
地面でこすって傷つけたりすると 感染症を起こす場合もある

これだけ大きな腫瘍はたとえ良性でも切除するのが
望ましいとの説明

これは納得です

今までにも悪性ではないからと 腫瘍部位をそのままにし
こすって血が出たり 引っ掻いて破れたりして その都度
病院へ駆け込んで抗生剤を処方してもらった事があるので
悪性でなくても切除が望ましいと考えます

例えば つゆさんの足に出来ていた上皮腫
ポコンと盛り上がっていたので何かで引っ掻いて
出血した事がありました
幸い大事には至らなかったので いまでもそのままに
してあります


ももちゃん
レントゲン エコー 心電図 血液検査など全ての検査を終了

手術の時に避妊手術も同時に行う
子宮系の病気の元は子宮&卵巣なので同時切除は
やむを得ない手段


全身の検査 パンチ検査 摘出手術の3段階の順で
一連の腫瘍摘出を終える予定

ももちゃんに 手術費の支援を 募っています
 

moblog_aa7c66fe.jpg

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント