負傷猫さん頑張れ ~

ねこたろうさんから 負傷猫 ノアちゃんへ応援メッセージです

『 怪我をした猫さんの記事を読みました。
  私も数年前、暑い夏の日の夕方に歩道の真ん中で
  動けなくなっている負傷した子猫を保護した事が
  あったのですが、結局助かりませんでした。

  そんなこともあって、この猫さんには頑張って欲しいです。
  もう10年近く前の事ですが、その助けて上られなかった
  子猫は、真夏の熱が残るアスファルトの上で 何時間も
  動けずにいたのだと思います。

  私は、その日に限って、本当にたまたま犬を連れて
  出かけた遊歩道のど真ん中で倒れている子猫を
  見つけたのですが、夕方ということもあり、散歩を
  している人が沢山いたにもかかわらず、みな、子猫の
  横を避けて通り過ぎていました。

  子猫は地面にうつ伏せに伏せったまま 顔すら動かす
  ことが出来ずにいて それでも何とか声を振り絞って
  母親を呼ぶ姿を見ても、誰ひとりとして手を差し伸べない。
  その事にショックを受けてしまいました。

  ちっぽけな野良猫だって、尊厳があるはず。
  何でこんな惨めで悲惨な思いをしなくちゃならないんでしょうか。
  飼えない事情があったって、人間として、とってもとっても悲しい
  気持ちになりました。
  (この猫を放っておくような人間なら、私、人間止めます 苦笑)

  当時はアパート暮らしで、保護した猫のその後のアテなんて
  ありませんでしたが、とにかく夢中で段ボールとタオルを取りに
  一旦帰り、取って返してタオルを被せてそうっと保護しました。

  実は、暗がりで遠目に見ても、重症なのが分かっていたのです
  伏せっていたお腹側は、私にはとても見る事ができませんでした。

  大急ぎで、閉まっていた獣医さんに開けて診てもらいましたが、
  カラスにつつかれたか、交通事故にあったか・・・
  長い間、怪我をしたまま彷徨っていたのだろうということで
  ;体からはウジが這い出ていました。

  何とか助かりませんか?と聞きましたが、傷を見た先生も
  顔をそむけたくなるほどの重症だそうで「これはどうにも
  ならないから、もう楽にしてあげたほうが良いですよ」と
  言われ、可哀想でしたが眠らせてから安楽死となりました。

  どれぐらいあの暑い中で耐えていたのでしょうか。
  獣医に駆け込む前にシリンジでお水をあげたら
  とても美味しそうに飲みましたので、喉が渇いて
  いたんですね。   

  必死の目が忘れられません。
  でもそれが唯一してあげられた事になってしまいました。

  小さい三毛猫でしたね、もう10年近く前の話しですが、
  今、思い出しても涙が出ます。
  (猫は引き取って、翌日、市の斎場へ行ってきました。
  短くて苦しい猫生でしたが、次は元気に私のところに
  やってきて欲しいです)

  ブログに載っていた負傷猫さんは大怪我をして長く
  彷徨っていたようで、さぞ苦しかったでしょう。
  でも優しい人に救われて幸運です。
  あの子猫の分まで頑張って欲しいです。

  がんばれ、がんばれ!応援してます。  』


ねこたろうさん メッセージ有り難うございます
昔 そんな悲しい体験をされたのですね

通る人が沢山いても 皆が顔をそむけて通り過ぎてしまう
人間の心が試されているようです

でも その仔猫を助けて下さって有り難う
命は救えなかったけど最期に暖かい世話をしてもらい
きっと子猫は嬉しかったと思うよ ・・

いまでも そのような猫が発見されるのですが人間の
対応は昔とあまり変わりません

我先に助けの手を差し伸べる社会になって欲しいですね



moblog_1a0fecb4.jpg

負傷猫は 無事手術が終わり 何とか持ちこたえました
後は猫の体力を信じ 生きる力を信じて 回復を
待つしかありません

きっと立てる  きっと歩けるようになる  そう信じています

ご支援 感謝致します


負傷猫 ノアちゃんへの募金ご支援有り難う

ねこたろうさん         かい・ここ・べるちゃん宅
ルークママさん        サニーちゃんの母さん
むぎ君母さん         ハヤトかすみママさん    
みゅ~パパさん        すてっぷにゃむ手作り品売上
                   

物品のご支援有り難う

里江子さん  風花ちゃん心美ちゃんママ  ネネちゃんママさん

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント