猫の愛護活動

ねこたろうさんから 初めてのお便り

『 公園の猫の世話を始めて丸年2年が経ちました。
  どうせやるなら、私も皆さんに動物愛護について
  認識してもらえる活動をしようと思い、たった一人ですが
  「ねこたろう」というボランティア名をつけて、
  公園のゴ ミ拾いと猫の世話を続けています。

  中には親切心でエサをあげたまま、缶やパウチを
  そのまま捨てていく人もいるので、そういうのは
  とにかく人の目につく前に拾わないと猫達が住みにくくなり
  猫達の安全が脅かされるので必死です。
  (直接お会いできたら、ゴミは持ち帰っていただけるよう
  お願いしたいですね。)

  猫とは関係ないゴミも、「ひえ~っ!」となるような気持ち悪い
  ゴミも頑張って拾います(笑)
  そうすることで、地域猫や活動についての理解を得られるなら
  お安いものです(^ ^)

  それから、動物愛護週間の期間など折をみて、
  「殺処分ゼロに向けての取り組み」や「TNR活動」について等を
  小さく印刷し、それを濡れないようにビニールに入れて、
  浜松市が設置した捨て犬猫禁止の看板のところなど苦情に
  ならない場所に1枚だけそっと掲示しています。
  ※ちょっと恥ずかしいですが、1部、添付します(^ ^)

  好意的に話しかけて下さる方も増えましたし、
  協力してくださる方もいます。
  悪目立ちをするといけないので、本当はそうっと活動したいの
  ですが、最低限の動きはどうしても仕方ありませんね(^ ^;)
  仕事をしているので「水車の公園猫限定」の活動ではありますが、
  これからも地道に続けます。

  お正月休みには、浜松市動物愛護教育センターへ行き、
  職員さんと少しお話しをしてきました。
  活動に理解をいただき有り難かったです。

  世話をしている公園の猫(茶トラとサビ)を捕獲・手術したという
  職員さんで、お互いビックリ!
  「まだ元気でいてくれたのね!」と職員さんも喜んでおられました。
  7年前ほど前のことになるようで、私も猫の年齢が分かって
  嬉しかったです。

  今年は少しでも不幸な犬猫が減りますように。』

moblog_f651724d.jpg
 

お便りありがとうございます
ねこたろうさんの活動に頭が下がります

猫の周辺をキレイにする事は 猫嫌いの人にその場所で猫が
生きる事を認めてもらう為にとっても大切な事なのです

続ける事の困難さ ・・ それを2年間も一人でコツコツと
継続しておられるねこたろうさんに脱帽です

しかも センターへもキチンと話をして理解を得る
これも大切な事

基本を守って活動しておられるので きっとこの猫たちが
命尽きるまで長く見守る事が出来ると思います

本当に 本当に ありがとうございます
猫に代わりまして心より感謝申し上げます


moblog_ac767300.jpg

木陰でご飯を与え 後をキチンと片付けてしまう

moblog_d26df274.jpg

腹一杯になった猫たちは のんびり日向ぼっこ

※ 写真は2年前の物で、現在とは多少の違いがあります

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント