日吉丸

新年を迎えた日吉丸  17才になりました

実は この年末 状態が少し不安だった
どうもいつもと違うぞ ・・ そんな感じがしたので 万一に備えて
玄関前の廊下で眠りました (寒かったよ・・

でも年が明けて持ち直してくれました 凄い生命力です
犬の17才は 人間なら100才を越しているのでしょうね


良く眠ってます

moblog_0a8287aa.jpg

嬉しいので しつっこく写真を撮っていたら眼を覚ました

moblog_5f073439.jpg

起こしてゴメン 
でも持ち直して嬉しかったので つい写真を撮ったの ・・

moblog_f875c83a.jpg

足元は よたよたとフラ付いていますが立ち上がって
外へ出た

moblog_cfc2715e.jpg

外では 日吉丸に気付いた野次馬犬がワラワラと集まって来た
その犬達に 「うるさい あっちへ行け ~ 」 と一喝
まだまだ気持ちは現役時代と同じ 若いつもりらしい

moblog_c862ccac.jpg

この変形した顔   でも  とても可愛いと思う

moblog_073e43a8.jpg

可愛いと思うマムの気持ちと裏腹に 日吉丸の痴呆は進み
今では マムの顔は全く忘れてしまったようだ
手を伸ばすと顔をそむけてマムを避ける

何か食べる時だけ 機械的に口を開ける
その中へ食べ物を入れてやる

感情の疎通はありませんが でもたまらなく愛しい ・・



2度も保健所へ出され 生きた心地はしなかっただろう
最初は飼い主に ・・
2回目は引き取ってくれたボランテイアに ・・

複数人で保健所の見学に行ったボランテイアグループがあり 
子犬が1匹だけで震えているのを見て 保健所の職員に抗議をしたら
そんなに言うなら差し上げますよと言われ 引っ込みが
つかなくなって引き取って連れ帰った

しかしグループがそれぞれの家へ帰る段になったら 誰も連れて
帰る人がなく その足で 又 保健所へ持ち込んだそうです

その中の一人から電話をもらって とても驚きました
保健所へ返さなくても 本当に助ける気持ちがあるのなら
掛かりつけ病院へ預けるとか 何か方法はあったはず 

マムが責任を持つから もう一度保健所から出して欲しいと
伝えましたが 保健所へは話しにくいと言う ・・
しかも2~3日前の事なので 若しかしたら処分されてしまった
かも知れないという不確定な返事

保健所へ行きにくくても 浜松で引き受けてくれる人がいるから
どうしても引き取りたいと頭を下げて下さいと伝えた

直ぐに保健所へ電話をして生死を確認して下さいと 半分怒って
電話を切った

処分の予定となっていて もう別の檻へ移されていましたが
職員さんは快く出してくれて奇跡の生還

人を恐れて固まってしまい 冷たいコンクリートの塊を抱いて
いるような そんな感じの子犬を抱きしめて帰宅しました

日吉丸は 「 もう人間なんか信じるもんか 」  
きっとそう思って生きて来たに違いない

マムの手元で 17年間よくぞ生きてくれた そう感謝しています


今年は この 日吉丸の最期を看取る事になるはず ・・・

その時を思うと今から涙が溢れますが 心の整理を付けて
今から覚悟をしていたい

もっと長生きをして欲しいが 腫瘍が喉や食道に転移した
のではないかと思われる節があり 食べ物の嚥下が
非常に困難になりました


日吉丸に もう少しの間 ご支援をお願い致します

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント