ルカちゃん 緊急入院

猫のルカちゃん 夜間救急へ ~~~  

昨日の記事に少し載せたルカちゃんの続編です


午後9時 痙攣のような状態で腹で呼吸していたので
預かりボラさんが異常を感じ 夜間救急を受診 

診察が終わり一旦帰宅

その後 深夜2時 再度呼吸がおかしくなり 救急病院へ走った
レントゲンを撮ったら肺が一段と真っ白になっており
呼吸困難で そのまま入院

しかし夜間救急はあくまでも臨時
朝になったら掛かりつけ病院へ移るのが 受診の基本原則
でも 掛かりつけの病院はあいにくの連休だ

やむを得ず 木俣動物病院へ転院
パピちゃんが呼吸困難で酸素室へ入院しているので
二人並んで酸素室

先生の説明を聞いた
右の肺に空気が溜まっていて(気胸) 呼吸困難を起こしている
それに加えて その肺が通常のように膨らまない 
空気が溜まる速度が極端に早い
原因は不明

状態が非常に危険なので 万一に備えての確認書を書いて
提出し帰宅した

一応 夕方 ももの母さんが行ってくれる事になったが
それまでルカちゃんが持つかどうかは分からない



実は先週 ルカちゃんが咳をするので掛かりつけ病院で
診察を受けました 
肺炎か喘息ではないか との診断で咳止めの注射
もし咳が止まらないようなら投薬で様子をみる

ここまでの前駆症状がありました

moblog_23d3d6b8.jpg

初診では 肝臓の数値が悪くてワクチンが打てず そのまま
帰宅しましたが その後に咳 
そして昨夜は呼吸困難と ルカちゃんは病気とご縁があるようで
心配していたのだが 恐ろしい状態が現実となった
  
呼吸気管などの炎症か 喘息を発症したのか とにかく
咳が止まったら詳しく検査するしかない・・と思っていた
矢先の入院

しかも いきなりの危篤?状態
預かり宅のご主人様も心配して 様子を見にいらした


預かりのももの母さん 
深夜 何度も救急へ走って下さり有り難うございました

最初の受診後 マム宅へ寄って下さったのが11時 
それから帰宅したら日付が変わるはず

往復で1時間以上掛かる道を 深夜 何度も本当に本当に
有り難うございました  心から感謝致します



酸素室への入院で費用が高額になりますので
ルカちゃんの 「あしなが支援」 を募集中です


moblog_a804beac.jpg

ルカちゃん ガンバレ ~~   



ご支援ありがとう

須山さん  恵子さん  
お名前記載なしでトイレシーツを送って下さった方

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント