パピヨンの老犬 パピちゃん

センターから引き取ったパピヨン
病院で受診した時も体調が悪そうだったが 帰宅しても
元気がなく 夕食を食べてすぐ眠った ・・・

深夜2時少し過ぎに突然の嘔吐・下痢   

敷物を交換し 体を拭いて様子を見た
夜間救急の時間はとうに過ぎている  どうしようか?

先日 ひかりじいさんが前庭疾患の症状を起こしたので
もしかしたら・・と思ったが違うようだ

パルボなどの感染症か ・・ 現在 血便はないので
違うだろうな


ご飯を沢山食べて欲しいので置き餌にしているが そのせいか
置いてあるから つい食べてしまう 食べ過ぎか?

moblog_1f6370d6.jpg

缶詰をスプーン大さじ2  ペット用ミルク20CC 完食

moblog_9f933ab2.jpg

ご飯は一旦引き上げた 水だけ置いて朝まで様子を見る

moblog_9184b0db.jpg

良く眠っている 眼が覚めるまで待とう

moblog_bbc4f3da.jpg

翌日は落ち着いて来たようだった
一過性の下痢なら あわてて病院へ行かなくてもいいかな
そんな甘い考えで一日様子を見ていた

ご飯が食べられなくなってしまった
下痢でお腹が空になっているはずなのに 翌日の深夜に
再び激しい下痢が ・・ 今度は出血を伴っている

1時間に2回も3回も ・・ これはただ事ではない 
翌朝 病院が開くと同時に朝一で駆け込んだ

半日入院し詳しい検査を行う
夕方迎えに行き 先生から検査結果の説明を聞く


すごいですね
検査をすると原因がハッキリと判明する

原因は大腸炎と膵炎 血液検査結果は数値が乱高下
長い説明は省略 ・・

今後の治療について とりあえず毎日通院し点滴に栄養剤や
抗生剤を投入 摂取させる

朝預けて 夕方迎えに行く パピちゃんとマムの二人三脚だ  

当面は毎日だが 体調が戻れば 通院も2日おき 3日おき と
間が開くそうだ  
早く回復して欲しい   
 
体重はセンター抑留中に計測した時には 3.4㌔
病院初診時には 3㌔  緊急入院時には 2.7㌔
短期間で劇的に減少している

体の小さな犬なので 400㌘ 300㌘の減少はダメージが大きい

退院して帰りの車の中では ぐったりして眠っていた

moblog_a169578e.jpg

食べ物は先生から 厳しい指示があった
指定以外の物は決して与えてはならない 

moblog_2c41f57b.jpg

ひかりじいさんも同じだが 老犬は急に悪化し治りも遅い
回復を祈るのみ ~~


毎日通院のパピちゃんに あしなが支援を募っています
治療費の支援です ご協力をお願い致します

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント