FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › おかえり、ごん
2016-01-19 (Tue) 00:00

おかえり、ごん

ごんべえが退院しました

病院に入院している内に体温が下がり始め 先生から
電話がありました 「退院は無理かも・・」 

でも もしダメなら ジジママさんが 最期の時まで側にいて
看取りたいとの希望でしたから 退院させて下さいとお願いし
ジジママさんと迎えに行きました ・・ 覚悟を決めて ・・

体温が下がるのを防ぐため エアコンとヒーターを点けて まるで
常夏の国にいるよう ・・ とメールが来ました

ラウルママさんも直ぐにお見舞いに訪問してくれて
オシッコが出た時や何か要求がある時は 「ワンワン」と
しっかりした声で呼ぶそうですよ とメールで知らせてくれました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以下 ジジママさんのブログから転載しました


『 ごんが帰ってきました。
  こざっぱりしてしまいましたが、正真正銘ごんさんです。

  もとから可愛い顔をした犬なのですが、丸刈りになったら
  なんだか子狐みたい。

  062_convert_20160117040005.jpg

  病院から自宅に帰るまでの車の中、
  赤信号の度に何度も振り返ってごんさんが大丈夫か確認。

  ごんさんはこちらをじ~と見つめていて、
  「ちゃんと生きてるから安全運転してよね!」と
  言われているような気がしました(笑)   』

  手風琴街便りより転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごんべえさん 退院オメデトウ 

先生が退院を危ぶんだくらい状態が悪かったのに ジジママ宅へ
帰ったら元気がでましたね
直ぐ 隣にはナースが待機しているとの事で安心しています

ごんべえさん ガンバレ 本当のママの元へ戻れたんだよ
ガンバレ ごんべえさん 


moblog_c1c41bb3.jpg

ごんべえさんの隣では あさこナースが心配そうに見守ってます

皆様 ごんべえさんにパワーを送って下さいね

最終更新日 : 2016-01-19