FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › ごんべえ Ⅲ
2016-01-10 (Sun) 00:00

ごんべえ Ⅲ

暮から立てなくなり いわゆる 「寝た切り」 になった ごんべえ
それから僅か10日ほどしか経っていないのに もう挫創が出来た

いわゆる 床ずれです

とめさんに下半身を洗ってもらう時に見たら 皮膚が薄くなり
穴が開く寸前 !! 
いや もう穴が開いていたかも ・・・ 白く見えていたのは骨?

あわてて病院へ駆け込みました

場所は左膝頭の外側
消毒し 皮膚再生を促す保護シートを貼って包帯でグルグル巻きに 

moblog_513830b0.jpg

横になる時挫創の部分を上にしたいのだが 本人は好きな姿勢が
あると見えて もがいて直ぐに引っくり返り 挫創部分を下にしてしまう

お腹の辺から 緑色の包帯した足が  ちょこっと見えている

moblog_f1d31cd2.jpg

皮膚保護シート交換の為に 3日~4日の間隔で通院する予定
しかも この場所が治るまでに 別の場所が床ずれを起こす可能性も
あるので 当分は注意が必要

おとなしい犬なら マム一人で包帯交換ができるのですが ごんべえは
体を触れると大暴れするタイプ
病院でも看護士さん二入で抱えて 先生がやっと治療できたので
通院したほうが 安心 安全 ・・・


病院から帰ったら 昼ご飯を食べて 水を一杯飲んでお昼寝

moblog_08894d6b.jpg

病院 よほど疲れたのでしょうね

moblog_d59ad781.jpg

とめさんから介護用マットを購入しました
とめさんは同じものをレンタルもしていますが マム宅は
介護犬がこの後も続くので レンタルより購入した方が安上がり

moblog_8a5a3315.jpg

今までの介護にも低反発マット等を使用していたが 防水加工シーツを
掛けても 尿の塩分などで痛みがひどく直ぐにボロボロになる

無理もありません
年中 誰かが使用してオシッコを漏らしているのですから ~
消耗品と割り切っています

ドッグフード レンタルなど 詳しくは とめさんのブログ [とめんち] を
ご覧下さい  マムにリンク有り

最終更新日 : 2016-01-10