FC2ブログ

災害時 犬や猫も一緒に 

今回の鬼怒川の災害で 人々の視線を最も釘付けにしたこの1枚
夫婦と2匹の犬が屋根で助けを待っている現場写真

この後 ヘリに救助され ホッとした方も多かったのでは ・・

犬も救助した行為は賛否両論があるそうなので この場では言及しない

moblog_96830108.jpg

moblog_94cf6314.jpg

moblog_1c1e9558.jpg

夫婦は犬も一緒にと哀願したそうです
子供だから犬だけ置き去りには出来なかった ・・ インタビューで
そう答えていました
家も何もかも流されてしまったけど 犬が助かって良かった ・・ とも
答えていました
犬を飼っている人なら だれでも同じ気持ちでしょう

この時 犬が従順に救助用の袋に入ったので 助かったそうです

屋根の上で数時間も助けを待っていたので 犬も動きたがっていました
特に 女性が抱きかかえている方の犬が暴れているように見えて
腕から抜け落ちて 屋根から転落しないかと ヒヤヒヤしてテレビの
画面を見ていました

もしあの時 犬が救助者に噛みついたり 大暴れして袋に入らなかったら 
屋根に置き去りにする事態も発生したかも知れません


飼い主によって 犬の明暗もさまざまです


犬を軽トラックの荷台に繋いで避難した飼い主
水が引き 一時帰宅して 犬が荷台で溺死している姿を見て 
ここまで水が上がるとは 甘く考えていた ~ と後悔していました

むろん 突発的な災害なので ゆっくり考える暇なんて有りません
飼い主を責めるのも酷な話

しかし やはり ・・・・・・  

自分の身に置き換えて 教訓にしたいと思います




こちらは自力で助かった犬

moblog_9025ce85.jpg

moblog_577fc988.jpg

moblog_667258e1.jpg

moblog_24e25e24.jpg

コメントには 首輪をしていないので 野良犬だろう とありました

もし 飼い主がいたとしても 家も何もかも流されてしまっては 
引き取る事も 一緒に暮す事も難しいだろう
動物達の収容所も開設されるでしょうから そちらへ保護される事を
願うだけです

遠地だから何も出来ない・・のではなく 募金活動で協力したり
里親募集が必要なら ネットで呼び掛けをして行きたいと思います


最期に一つお願いが有ります

各地で災害が起きると 日本中の眼や支援がそちらへ集まります
マムも 何かをしたいと思い 模索します

でも忘れないでください
地元にも 常に 不幸な犬や猫がいる事を ・・

彼らも 助けを求めています  暖かい胸を求めています
皆さんの身近にも 暖かい手を待っている犬や猫がいる事を 
どうぞ忘れないで下さい 



そして 災害時には 必ず犬や猫も一緒に避難する  
この事も忘れないで ・・・



最期の最後に もう一つ ・・ 

迷い犬として捕獲された犬は 浜松市動物愛護教育センターの
ホームページに掲載されますが 飼い主による飼育放棄犬は
この市のページには載りません

関心のある方は 直接 教育センターへお出掛け下ください
真っ赤な糸の犬が 貴方を待っているかも知れません

皆さんの地域でも同じような実情です
ペットショップへ行く前に 地元のセンターや保健所を見て下さい

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント