介護予備軍

ママちゃんと蓮の介護が終わり 見送ったと思ったら 
次の介護予備軍が 続々待機中


管ちゃん
まだ ヨタヨタでも歩けるのですが 糞尿漏れが多くなって来た
立っていると尿がポタポタと洩れ 歩くと点々と数珠のように
洩れた跡が繋がっている

moblog_6112d6c1.jpg

バスタオルを敷いていても そのタオルがグショグショに濡れる
タオルを除けると 下から潰れた糞が出て来る

糞尿の垂れ流し問題が起きるのは 老衰がかなり進んでいる証拠
管ちゃんは 年令が17才~18才なので当然の現象

でも 立って歩ける犬は もう少し外で我慢してもらいましょう
現在 室内へは梅さんが入ったので 風呂場とトイレ以外には
空いた場所がない

moblog_7678c8c2.jpg

moblog_6e3501b4.jpg



チャッピーじぃさんも いよいよ老衰が進んできました
殆んど寝て過ごすのですが トイレやご飯の時は立ちたいようだ

前回 寝たままトイレをする写真を載せましたが これは チャッピー
じぃさんの本意ではなく 本当は立ち上がりたいのです

しかし 足腰が弱くなりすんなり立てない
必死でもがいていると 手足の皮が剥けて血が滲んでくる

それでもなお必死でもがくので チャッピーじぃさんが眼を覚ましている
間は側に付き切りでないと 辺り一面血の海となる

管ちゃんより チャッピーじぃさんを優先的に中へ入れてやりたいが
サークルで囲ったら また夏の時のように蹴倒すだろうか ・・

夏の時は畳2枚分の広さだったが それでもダメだった 
梅さんのような広い場所は もうどこにもないので頭が痛い   

moblog_edf0b094.jpg



ごんべえさん
雨のすごい時 小屋へ入らず 外で濡れていた  
痴呆なので 濡れる感覚も 雨の意識も無いのです

余りに悲惨な姿なので 臨時に玄関前の屋根の下へ入れたが
場所が変わったら嫌なのか そこから出ようとして大変だった
 
普段おとなしい犬なのに もの凄いスピードで歩き廻る  
頭が触った所を思いっきり押して出ようとする
手足や頭が何かに挟まって抜けなくなると 大声で悲鳴を上げる

横なぐりの雨を除けながら 落ち着かせようとしたが 中々 
落ち着かない
これも痴呆症状の一つですが 雨の時には本当に困る

夏の猛暑の間 ごんさんを室内で預かって頂ける家庭がないか 
募集して見たが応募はなかった

しかし 今からが台風本番  どうしても ごんべえさんを
屋根のある場所へ移動しないと 雨に濡れて体温が奪われ
衰弱する原因となる 困ったよ ・・ 

moblog_cddf3811.jpg

moblog_5b751069.jpg

引き続き ごんべえさんには 
倉庫のような屋根のある場所での預かり & 室内での預かり先を
募集して行きます
期間は 台風の季節が過ぎ 秋の終わり頃まで ・・ 
冬の寒波は我慢してもらうしかない




この他にも 15才の日吉丸 立つと後足が震えます
散歩にも行きたがらない 
ただ 気持ちのしっかりしている犬なので まだ まだ 当分は
大丈夫だと思います
自分も若いつもり?らしく 一応 自分のエリアを取り仕切っている

moblog_e23b7d08.jpg


こりきも15才 まだ元気とはいえ 大型犬の15才はかなり高齢だ
いつ何時倒れるか判らない


トニコばぁさんも バスタオルがグショグショに濡れ始めた
尿漏れが始まったのです
年令不詳ですが 10才は確実に越しているらしい
片目が緑内障 もう一方も白内障で 両目とも視力がないから 
高齢だと推測される


マム宅では 10才以上の老犬が 7割も占めている
( 5才以下は イチロー1匹のみ)

人間社会の高齢化と同じで 要介護犬が列をなして待っている状態
マム宅の特養施設は満杯


そこで 老犬を預かって下さる家庭を募集
ヨタヨタなので散歩不要  庭での歩きだけで十分
ご飯を与えるだけの世話をして下さる方

もし寝たきりになったら返して下さい 介護はこちらで致します
寝たきりなら サークル内で世話が出来るので ・・


老犬に 缶詰 ・・ 猫缶 猫ドライフード も 大歓迎  
a/d 缶 レトルトパウチ 柔らかいオヤツ 等 をお願い致します

猫の食べ物は匂いが良いので 老犬の喰いつきも抜群

老犬にご理解と ご支援を お待ちしています

あしなが支援は 募金を贈りたい犬の名前を 必ずご記入下さい



皆様からの物品のご寄付 有り難うございます
個々のお名前は掲載致しませんが ご容赦下さい
感謝して使わせて頂きます


なお ご寄付頂いた方のご氏名等は 事務方にて 詳細を
記録、保管してあります

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント