ママちゃん 側にいるような気がして・・

29日の未明 突然逝ってしまったママちゃん   

余りにも急すぎて 心の準備も出来ていなかった為 
今でも信じられません

ママちゃんが 寝床にしていた押入れを覗き込んでしまいます
姿が見えないので 思わずキョロキョロと辺りを見回して
あぁ~そうだ もういないんだ ・・ とつぶやいてしまう  

蓮には ママちゃんの分まで 頑張ってほしい  

moblog_b2c6ba45.jpg


ママちゃんは 平成14年に 子犬を産むからメス犬は要らない と
保健所へ処分に出される所を引き取った犬

迎えに行ったら 足元には仔犬が転がっていた
母犬は太いクサリで繋がれ 仔犬達には敷き物もなく 雑な扱いで 
いかにも不用犬という感じでしたよ

moblog_145117df.jpg

顔つきも眼つきも厳しく 飼い主に不用とみなされた犬の置かれた
環境が いかに過酷で 悲惨なものであったかを物語っている  
一番上の写真と比べて下さい   

moblog_6859d191.jpg
              この黒い仔犬が カルピン君 

かまたカルピン君 
moblog_66d564e4.jpg

以前にも ブログに載せた事が有るけれど ママちゃんは決して
平穏な暮らしばかりではなかった

手元へ引き取って間もなく 希望者がありステイに出したが 散歩中に 
飼い主を引き倒して逃走  
8月に逃げ出し ようやく保護出来たのが 半年後の翌年2月

磐田市北部の山林や茶畑を逃げ回るので 足の皮が剥けて
酷い事になっていたし 持病の皮膚炎が悪化して身体中ボロボロ

保護出来た時には その余りの悲惨な姿に マムの手元に置く !!
もう二度と離さないと心に決めた

因みに 保護出来たのは 首輪に名前と電話番号を付けて
置いたからです

その茶畑の地主さん 外犬を飼っていて その犬のご飯を食べに 
毎日通うようになり 地主さんとも顔馴染みになって 数日目に
首輪を押さえて捕まえてくれたのです

見たら首輪にマムの連絡先が書いてあった
それで ママちゃんは マムの手元に帰って来られたのです

逃走して半年 毎日捜索に歩き廻り 精根尽き果て 心も折れそうで
もう見つからないから諦めようか いや見つけるまで執念で頑張るぞ
毎日 その二つの心がせめぎ合っていました

だからマムの手元戻って来た時には 離せなかったのが本音


その時に 「名札は大切」 を 身を持って体験しました


いろいろな事が思い出されます
全く問題のない犬で こんな性格の良い子が どうして
不用犬なのかなと不思議でした

避妊手術の費用が惜しいので 処分に出してしまうという考え方
こんな飼い主が いまだに結構います

昨年の春 仔犬を5匹産んだ父母犬を 親子とも処分に出したいと
いう相談があり いわたわんこさんと仔犬を引き取った例がある

犬を飼ったら費用が掛かる事を 認識して欲しい


最期の瞬間に抱っこしてやれずに ホントにゴメンね  
ママちゃんに出逢えて マムは嬉しかったよ

どうぞ 安らかに眠って下さい 

moblog_3f1b28be.jpg

ママちゃんと仔犬を 一緒に迎えに行ってくれた 弥生お姉さん
お世話になりました  

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント