FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › ちもちゃん 再診
2015-08-26 (Wed) 00:00

ちもちゃん 再診

先日 種々な検査を受けた ダックスのちもちゃん

検査結果の説明を聞きに 病院へGO ~   

moblog_8863c38c.jpg

検査時の話では MRI検査も必要かと思われ 心配でしたが
説明の結果 MRI検査は見送る事になりました

この脳障害は 帝王切開時の麻酔による可能性も大であると
考えられるので 麻酔を使用してまでのMRI検査は 見送り
ましょうとの結論です

渡辺動物病院さんには MRI検査の権威がおられて その先生との
話し合いで この結論を出されたのです
もし 直接 詳しい話を聞きたければ 渡辺動物病院さんへ 
手配をして下さるそうで 私たちにも納得の行くよう話をして頂いて 
木俣動物病院さんには 心から感謝致します

セーラちゃんのママが 島田市の渡辺動物病院さんまでの
送迎を申し出て下さっていましたが 今回は見送りますので
又 機会がありましたら お願い致します  
ご協力を申し出て下さり 有り難うございました

預かりボラ・チョビアルママさんが この病院での説明を
自分のブログ 「 チョビアル預かりちもちゃん 」 に 
詳しく載せていますので ご覧ください  マムにリンク有り

※ マムが書くより よほど詳細に 上手く掲載してあります


一つ 先生が驚かれた事があった

初診の時には 眼振が激しく 首が右へ傾いたまま歩く事はおろか
はいずり回るのさえもままならなかったのに 今回は足が滑る
悪条件ながらも 2~3歩歩けるようになっていたのです

何かトレーニングしましたか ? と預かりさんに聞かれましたが
チョビアルママさんは いいえ何も ・・ との答え

先生が言われるには 今までケージの中だけで暮らしていたのが
環境が変わって動いたり 脳が種々な刺激を受ける事によって
預りさんが意図しないでも 犬のトレーニングになったのではないか ? 
との事

ちもちゃんは チョビアルママさんのお宅へ行ってから激変しました
回復への激変です

これが 足を引きずりながらでも歩ける事に繋がれば 
どんなに嬉しいか ~~~

チョビアルママさん お手数をお掛けしますが どうぞ宜しくお願いします
ちもちゃんが歩けるように 皆で祈っています

ちもちゃん ガンバレ ^^^^^^^^^^        


チョビ君 ちもちゃんが好きで好きで たまらないそうで 
嬉しいです  二人の恋が実りますように・・

最終更新日 : 2015-08-26