FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › お便りコーナー › アル君 & チョビ君
2015-06-25 (Thu) 00:00

アル君 & チョビ君

アル & チョビ ママさんからのお便り

『 11才のダックス、うちのアル君と一緒ですね。
 ワンワンふぁみりーさんに保護されて 歯石除去を受けたら
 ボロボロ歯が抜け落ちて 大穴が開いてしまったそうです。
 応急処置はしてくれたのですが、2回目の大穴をふさぐバイパス手術は
 引き取ってから一カ月後に行ないました。
 手術前は とても口臭が酷かったのですが、今はまったくありません。
 身体のケアは本当に大切ですね。

 moblog_69df3048.jpg

 アル君の以前の飼い主さんは、口臭を気にしなかったんだろうか?
 脂漏性の皮膚炎は手当てをしてあげてたのだろうか?
 目も緑内障なので痛みがあるのですが目薬をさしてあげてたんだろうか?
 などなど考えてしまいます。
 
 moblog_54341611.jpg

 その反面、いくつも病気を抱えたアル君のお世話に疲れ果ててしまい
 捨ててしまったのかも?とも思いますが ・・。
 アル君、子供の声に反応するのですが、もしかしたら小さい子供さんの
 いるお宅で飼われていたのかなと思います。
 子供を抱えて犬のいくつもの病気のケアは大変ですから。

 moblog_7714ee52.jpg

 動物を飼うということは、身体のケアや人間社会で生きる為の
 しつけなど全てに責任を持つということ。
 チョビ君や アル君を迎えて、つくづく感じています。
 
 moblog_037634bd.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11才のダックスと 同じ状況だったアル君のお便り有り難う

アル君 チョビ君 今のお母さんに巡り逢えて良かったですね
手を掛けるって 口で言うほど簡単ではない 
毎日 毎日 同じ事の繰り返し ・・ 本当に大変です

アル君は ワンふぁみさんから チョビ君は 東北大地震の被災地からと
それぞれ出身地は違っても 何かのご縁で兄弟となり 一緒に暮す事に
なったのだから いつまでも仲良く元気で暮らして下さいね

チョビ君の視線が たまらなくいい ・・         

眼で 催促 をしてます

最終更新日 : 2015-06-25