FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › お便りコーナー › フォクシーさん 頑張れ
2015-05-26 (Tue) 00:00

フォクシーさん 頑張れ

数日前に フォクシーママから 心配なお便りが届いていました

『 実はひと月ほど前から フォクシーの体調がハッキリと
 悪化傾向にありました。
 血液検査、エコー、レントゲンで脾臓が肥大し貧血気味で
 あることが判りました。
 15歳という年齢を考慮し出来れば 手術以外の治療を、と
 願っていましたが 残念ながら脾臓の腫れがかなり大きく、
 更にここにきて食が細くなり、徐々にエネルギーレベルも
 下がり始めたため、手術を選択することに決めました。

 勿論リスクは伴いますが、フォクシーの生命力に懸ける事にしました。
 とはいえ、迷い無く、というわけには全然行かず、心細くて心配で、 
 ネットで情報収集しては益々迷いが出たり、と落ち着かない時間を
 過ごしていています。

 当の本犬は、今日の診察後 帰宅したらホッとしたらしく、
 いつも通り私の傍でぐっすり眠っています。

 病院の待合室では緊張のあまり、鼻の頭に汗かいてたぐらいですから、
 精神的に疲れたのでしょう。

 それでも、これまでの経験から病院に行くと 具合の悪いところが
 良くなると学んだのか、どんなに不安でもガウったり噛んだりせずに
 おとなしく待機するところがいじらしくてなりません。

 21日の午後、脾臓の全摘手術です。
 フォクシーにとって最善の選択であって欲しい、
 全てがうまくいって欲しいと切に願っています。  』

moblog_b774b962.jpg

moblog_4093a5d6.jpg

21日夕方 手術は成功との連絡が有りました
脾臓を全摘出 少し 術後ボーとしていたようですが
声を掛け 抱きしめたら身体を預けて来たので 飼い主さんの事は
判っていたようです
酸素室で安静に ・・ 1日も早い回復をお祈り致します
頑張れ フォクシーさん

最終更新日 : 2015-05-26