FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › お便りコーナー › ケガ猫さん 後日譚
2015-05-18 (Mon) 00:00

ケガ猫さん 後日譚

ケガをしていた猫さん 結局は保護出来ずに抗生剤を飲ませて
傷を治しましたが 餌やりのKさんから こんなお便りが ~~

『 先日、仕事帰りに公園に立ち寄りましたら、餌やりをされている
 ご婦人からの置き手紙が   

 moblog_d5e626ac.jpg

 猫の治療を大変喜んでくださり、お礼の言葉が書かれていました。 』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

moblog_f9e9f63f.jpg

Kさん お知らせ有り難うございます

この餌やりのご婦人も こぶちゃんの傷を心配されていたのですね
皆さんに気に掛けて頂いて こぶちゃん達は幸せ者
この場所は餌やりの方が4組いて それぞれの時間帯に行って 
お世話をしているようです

マムがお会いした男性は 他に餌やりの人がいる事を承知していて
何組もの人が餌を与えると 食べ過ぎで下痢状態になるので
自分は餌を少量にして 下痢を起こさないように健康に留意していると 
話して下さった

そして餌を与え終わったら 容器を洗って伏せて帰る
もの凄い配慮です

他の方に不快感を与えないよう 気を配って猫の世話をする ・・
カラスやタヌキの防止にもなります
こういう方が何組も世話をしているので とてもきれいな環境

不妊手術を済ませて元の場所へ戻したら 食べる事 排泄の事なども
責任を持って世話をしなければなりません

餌やりの皆様 本当に有り難うございます


moblog_6aa97c69.jpg

最終更新日 : 2015-05-18