FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › お気に入りクッション
2015-05-25 (Mon) 00:00

お気に入りクッション

ママちゃんのお気に入り ・・  それは このピンクのクッション

柔らかすぎず硬すぎず 丁度使い心地が良いらしい
縦になったり横になったり いつの時でも離さない
 
moblog_23413ac6.jpg

moblog_860fb3a4.jpg

汚れたのでお気に入りを洗い 代わりのクッションを与えたが
見向きもしない ・・
蹴飛ばして 離れた所に転がっている

moblog_e160960e.jpg

夕方 お気に入りが乾くのを待って側へ置いたら ・・
早速 しがみ付いた

moblog_ddc38b0a.jpg

メッチャクチャに掘り返し 丸くして抱きかかえている
こんなに気に入ってくれると嬉しいのだが 執着があまりにも強いと
心理的に問題があるのかと考えてしまう

moblog_4e7f26a4.jpg

心の問題ではなくて単にお気に入り それだけの事と思いたい
途中から保護した犬は 飼育履歴が不明なので 心のケアが難しい


ママちゃんは仔犬と共に飼育放棄された犬

メスは子供を産むから もうイラナイ ・・ 処分に出す と 飼い主が
話したのを聞いた隣人が 「明日の朝には保健所へ出されます」 と
連絡をくれた

飼い主は処分を決めていて翻意しない
引き取るしか道はないので 母子共に引き取って帰った 
仔犬がいたので ママちゃんと仮に呼んでいたのが そのまま名前に
なってしまった

        敷物も無く 仔犬たちは地面に転がっていた

moblog_dc8237e8.jpg

ママちゃんも希望者があって 一度ステイに行った事があります
しかし そのステイ中に逃走

※ 飼い主さんが転んで手を放したら リードを引きずって走り去った
 
逃げたのはお盆の15日だったが 保護出来たのが翌年の2月
半年間も逃げ回っていたのを毎日探しに通った

それが片道40分位の場所で 探し回って帰宅すると もう夜中
仕事を終えて(その頃は勤めていた) 犬達の世話を済ませて 
それから探しに出るという日課を 半年間続けた

保護出来た時には全身ボロボロ 
首を抱きしめて ポロポロ大泣きした思い出が有ります

もう二度と離さない 手元に置くと決心してから今年で13年目
その時には2~3才と診断されていたから もう15~16才の高齢に
なったはず

糞尿垂れ流しは生理的な現象  年令を考えれば当然 
汚したら 洗えばいい 

老犬と暮らしていると そういうのんびりとした考え方になって来ます
そう 汚したら洗えばいい
ママちゃん 垂れ流し大歓迎だよ 遠慮なくどうぞ ~~

今も お気に入りのクッションを抱いて眠ってます

ちなみに    この時の仔犬カルピン君 浜松市内にいます

moblog_03a2fd1f.jpg


粉石鹸 をご寄付下さった皆様 感謝申し上げます
この場にて御礼申し上げます  有り難うございました

最終更新日 : 2015-05-25