FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 守護神 りゅうのすけ
2015-06-07 (Sun) 00:00

守護神 りゅうのすけ

とっても相性の良い りゅうのすけとケリー
常に同じ小屋へ入って眠るし どこへ行くにも後ろを付いて歩く二人

オスが側へ寄ると ケリーを手でかばう仕草をする
りゅうのすけは 愛するケリーを守っているかのようです

moblog_0b849b9b.jpg

シャッキッとした顔でしょ オスに対して目で威嚇する

moblog_2b6db5ad.jpg

頭が落ちそうなのに ・・ 中にはケリーがいるので守ってるのです

moblog_f07368c9.jpg

ややリラックスして横になっているが 小屋の前には座り続けます 
なぜなら 小屋の中にはケリーが入っているから

moblog_4e4ccb10.jpg

実は このエリアは圧倒的にオスが多い ・・ 女の子は少数 

moblog_207f0833.jpg
            これ 全員オス 

 バンちゃんはメスですが ドーベルマンmix だけあって
  体格が大きいのでオス達も敬遠している

moblog_8f9000b9.jpg

右の耳がちぎれて半分しかないし 顔面にも大きな傷が残っていて
凄味のあるバンちゃん 
でも 体の大きい割にはビビリで 直ぐに隠れます

黒い方がバン         りゅうのすけ
moblog_3d50c09c.jpg

りゅうのすけとケリーは 一時期 家族探しもしてはみましたが 
それぞれ 散歩が不能やビビリという理由で譲渡は不可能

新しい家族探しは もう諦めています
譲渡するなら2匹一緒にと思ってますが そんな願いが叶うはずもなく
夢のまた夢

ケリーは 最近特に りゅうのすけにベッタリです
一緒に暮らしていて 相互理解が深まったというか 愛情が深まったというか
ひと時も離れたくない二人

でも 年令的には りゅうのすけが先に逝く可能性が高いので
残されたケリーには辛い老後になるかも ・・・


この犬達にも あしなが支援受け付け中

オヤツ 予防薬 その他 なんでもOK 難しい病気はありません
※ りゅうのすけもケリーも心不全あり 薬を服用中 

このエリアは比較的若い犬が多いので 食べる物が多少硬くても OK 

※ 個別には中年だが 高齢犬が多いマム宅では 若い部類に入る

食べる事だけが楽しみなグループなので 長持ちするササミ巻ガムなどを希望
その他 何でも受け入れ可

皆様のご支援をお待ちしています

最終更新日 : 2015-06-07