FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 老犬が ・・
2015-05-15 (Fri) 00:00

老犬が ・・

東部の役所に 迷い犬として黒い老犬が抑留されていました
白内障もあり 赤い首輪をしていてクサリが付いたままだった
 
この写真を見た時 2月に亡くなった黒い老犬と重なりました

同じ役所に抑留されていたその黒い犬は マムが引き取って3日後 
入院中の病院で 低体温症の為死亡

手が及ばなかったその黒い犬の事が 今でも頭を離れません
これだけ医学が発達し進歩を遂げているのに 助からないなんて
とても信じられなかった

その黒い犬のせめてもの供養に この子を引き取ってやりたい !! 
そう思いました

13日が期限なので12日に 東部の「犬部わんわんお助け隊」さんへ
連絡を入れましたら 何と飼い主判明し返却手続き中との事






実は これは 飼い主が自ら名乗り出たのではなく 
犬部わんわんお助け隊の皆さんが努力して 飼い主を探し出したのです

何としてもこの犬の命を救いたい ・・ 
絶対に処分したくない ・・
犬のチラシを アチコチに貼って歩き 必死に努力された結果 ・・

本当に頭が下がります
これは 私たちも見習わなければならない
この努力が有ってこそ 犬は元の家へ帰って飼い主に抱きしめてもらえる

今回は学ばせて頂きました

犬部わんわんお助け隊の皆様 本当に有り難うございました
この老犬の幸せを祈ります

最終更新日 : 2015-05-15