FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 湖西市狂犬病啓発活動
2015-04-21 (Tue) 00:00

湖西市狂犬病啓発活動

青りんごさんから 狂犬病注射会場での活動報告

『 啓発活動のご報告をさせて頂きます。
 湖西市の狂犬病予防接種会場にて、名札や鑑札・注射済票装着の
 お願いをしました。

 去年に続き今年も、一日のみの活動ですが、市内4ヶ所に
 同行させて頂きました。

 78頭中、13頭に注射済票や鑑札が装着されていました。
 装着率は16%です。

 レオ君、ヨウチちゃん、グースちゃん、ケンちゃん、ゴンタ君、
 ナナちゃん、ルルちゃん、リク君、ナミちゃん、ネル君、チョコ ちゃん、
 他2頭でした。
 このうちマイクロチップが入っているという子は、3頭でした。

 地域によって、名札・鑑札の装着率の差が大きいようです。
 ご近所の方が付けていたら、「じゃあ、うちも」と、なるのかもしれないですね。

 迷子になった子が、家に帰ることができますように。
 いつか必ず起きる地震や災害時に、犬たちが家族の元に戻れますように。
 名札一つで、犬たちの運命が大きく左右されると思います。
 皆が幸せでありますよう、心から願っています。

 今年も、環境課の方、病院の先生方、会計の方々が快く協力して
 下さいました。この場をお借りし、御礼申し上げます。どうも有難うございました。

 そして、足を止めて話を聞いて下さった皆さまに、心より感謝申し上げます。
 どうも有難うございました。 』

 moblog_64b48bc3.jpg
  ( 正統派ミックスさん お顔を見てみたい ~~  )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

湖西市での活動 お疲れ様でした

装着率はまだ低いものの マイクロチップを埋め込んでいる犬も
チラホラ見掛けるようになり 地道ではありますが
活動の成果が徐々に表れているように思われます

浜松市会場でも 磐田市会場でも マイクロチップを入れた犬が
ほんの少しずつ増えている現状

飼い主さんの考え方が少し変わるだけで 犬は殺されずに済む
それが名札装着であり マイクロチップ埋め込みです

そして適正な飼い方で飼う事 最期まで看取る事 
これらが浸透したら不幸な犬が居なくなりますね

お忙しい中を 啓発活動に参加して下り 有り難うございました


浜松市での活動は すてっぷマムのページを 
磐田市での活動は いわたわんこのページを ご覧ください

参加してみたい方は それぞれのページのメールフォームから
お申し込下さい


最終更新日 : 2015-04-21