梅さんの心配事

梅さん 外で暮らし掛けたら毎日いい笑顔です

moblog_3188aeb5.jpg

梅さんファンの若いオスが常に周りを取り囲み にぎやかなので
ボケてなんかいられない
若い犬と一緒に暮らすと 確かに疲れるけれど 心が若返ってくる
今 梅さんは青春真っ盛り ・・ なのではないかしら 

moblog_a6164adc.jpg
                              イチロー
                 神田君   
moblog_0849ede9.jpg

ただ 一つ心配事が ~ 梅さんはフィラリア検査結果が強陽性
外に繋がれていて 予防をされていなかったのです
症状が出ないか 毎日細心の注意を払って様子を見ています

トイレをする時に血尿が出ていないか 咳をしないか むくみがないか
腹部に膨らみがないか など気を付けているが 気のせいか 
オシッコが赤いような 赤くないような ・・ 気がする

目に見えて症状が現われなくても 体内ではかなり悪化していて
亡くなる事もあるので要注意

今までに フィラリア症で亡くなったワンコを 沢山介護して来ました
末期は どの子もとても苦しそうで それはそれは悲惨な最期を迎えます


 この老犬は 2年前に保健所から引き取った コリンちゃん
既にフィラリア末期症状が出ていて 病院でも手の施しようがなかった
ちゃこ天ママさんが自宅で点滴など 最期の介護して下さり 保健所から
引き取って 丁度 1ヶ月目に亡くなった

moblog_a5c8a318.jpg

保健所に抑留されているこの時に もう足のむくみが出ていた
腹水が溜まり その上に皮膚病では さぞ本人も辛かっただろう

この状態を見ていたはずの飼い主は 何とも思わなかったのか?

moblog_276e732e.jpg


イングリッシュセッターのローズさんも 引き取った時から強陽性
心臓の弁膜に犬糸状虫が絡みつき 危篤状態に陥り緊急入院

木俣動物病院で その犬糸状虫を心臓から引き抜く手術を受けた

moblog_47c75efe.jpg

しかし ローズママさんの元へもらわれて行ったが そんなに長くは
生きられなかった

moblog_65db03ea.jpg

梅さんも同じ強陽性ですから 心配でなりません

心臓や血管等に ソーメンのような長い虫が うじゃうじゃいるなんて 
考えただけでも恐ろしい事
飼い主が予防さえしていたら 決して罹患する事は無い病気

沢山ある伝染病の中で このフィラリア症だけは 唯一 飼い主が
予防できる病気


どうぞ梅さんが 苦しい状況になりませんように ・・ 
元気な間に 出来るだけ美味しい物を食べさせてやりたい


※ 若い犬は フィラリア症と診断されても 5~6年で犬糸状虫が死滅し 
   陰性に転換している事があります
   しかし 内臓や血管は荒らされて かなりダメージを受けている
   ダメージを受けた内臓や血管は修復不能で 犬に負担を
   掛けています
   フィラリア陽性の犬は 日々の様子に気を配ってあげましょう


マムが保護した犬は殆どがフィラリア陽性でしたが 末期症状や老衰で
順次亡くなり 現在 フィラリア陽性の犬は この梅さんと ごんべえさん
ジジママが預かって下さっている あさこ の3匹

瓦礫置き去り犬や 押入れ族犬は 陰性に転換しています

あさこはまだ若いので 今年の検査で陰性になっているように
心から祈ります      

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント