フォクシーのうちの子記念日&その後の佐助くん

フォクシーママから 久しぶりにお便りが届きました
フォクシーさんと 預かりワンコ ミニピンの佐助の日常です

フォクシーと佐助の2014

長文なので 続きを読む ・・ の方へ入れて有ります
ごゆっくりご覧ください 

フォクシーママ・パパ 本当に有り難うございます
来年こそ 佐助に暖かい家庭が見つかりますよう祈ります



大変ご無沙汰しております。
今年も、余すところ四日…!?!
月日の経つのが驚異的に早くて、すっかり置いてけぼりの我が家です(笑)

一昨日の26日で、フォクシーとの暮らしが丸三年となりました。
実のところ、フォクシーとの生活がまだ三年しか経っていないということが
信じられません。
良くも悪く(?)も、濃密な時間を過ごしているのだと思います。

ガウガウ問題、トイレ問題、留守番問題という、ワンコ問題Top3が漏れなく
搭載されたフォクシーですが、ここにきて改善の兆しが見えてきました。
というよりも、ようやくこちらの、フォクシーの欲求を察知する能力が「目覚ましく」開花し、
それに伴って対処法も「素晴らしく」向上したって感じでしょうか。
と、すっかり自画自賛状態ですが、フォクシーとのコミュニケーションが円滑に
なってきたことが心底嬉しくて、お陰様でまさしく飼い主冥利に尽きる「ルンルン」な
気分を味わっています。

人(飼い主を含む)にもワンコにも、勿論、鳥にもバイクにも自転車にも猛り狂って
ガウリまくって、遂にはガブっとなっちゃったとき…
床の大半をトイレシートが埋め尽くしているにも関わらず、その間隙を狙ったように
オシッコしちゃったとき…
分離不安のせいで我々が留守にしている間ずっと走り回って、挙句の果てに弱い
膝を益々痛めてしまったとき…

そのたびに途方に暮れながらのトライ&エラーが、三年目にしてようやく
実を結びました。
小さな頃だったら、そして柔軟な性格のワンコだったらもっと簡単に覚えたのでしょうが、
15歳の頑固なフォクシーにとっては三年近い時間が必要だったのですね。

特に嬉しいのは、二か月程前から「留守番」の意味が通じるようになったことです!
「お留守番」と声掛けすると、後追いせずに自分の寝床にトコトコ向かう姿を見るたびに、
これまでの苦労が思い出されて、ついつい感極まっちゃってます(笑)

トイレも、トイレシートの概念は相変わらず受付ないようですが、場所の認識が芽生えたようで
、こちらが誘導しなくても自ら進んでトイレand/or その周辺で用を足すようになり、
床面積のトイレシートの占有率が10%以下に減りました!ってまだ、「周辺」への
おこぼれはあるんですけどね(笑)

ガウガウについては未だに健在の状況もありますが、以前だったらガウってたなぁ…と
いうところでも無反応でいられる場面が増えてきました。
これに関しては、我々の対処法よりも、フォクシー自身の年齢の成せる技という感じが
しないでもありません。
いずれにしても、ガウりが減ってくれるのは嬉しいことです。

フォクシーのお蔭で、「動物との暮らしは、面倒が増える。喜びは更に増える。そして、
無限大の愛を実感できる」を味わえる毎日です。
良いご縁を結んでくださったマムさんに心から感謝。

******
次に、久々の佐助くんレポートです。

先ずは体調から。
目は目薬だけで安定しています。
クッシングも、お薬の適量が見つかり、飲水量もオシッコの量もいい感じに安定しています。
心臓も特に問題無く、お薬を続けていますが、本犬的にはとても元気に過ごしています。

ところが、先週初め、急に倒れて動けなくなり、その後少し経って動けるようになっても、
まだフラフラしていました。
ちょうど夕飯前だったのですが、普段だったら何があっても食べることだけは
止めない佐助くんが、食べ物を目の前に差し出しても全く口をつけません。
かかりつけの病院に連絡したところ、時間外でもOKとのことで、すぐに診察していただきました。
診察台に乗るときも、まだぼんやりしていましたが、先生がおやつを差し出すと夢中で
食べ始めました。
全体の状況から、癲癇発作だったのではないかとの診断を受け、その晩と翌朝は注射を、
その後は薬を処方していただきました。
数週間服用して、問題が無ければ徐々に減らして最終的にはストップするタイプの薬だそうです。

診察後、帰宅してから夕飯にすると、すっかりいつも通りにバクバク(っていうより、
ガツガツなんです、あの体で!)完食。
注射のお蔭か、いつもより早めにベッドに入って爆睡。
翌朝からすっかり元通りの元気でご機嫌な佐助くんが復活して、その後も全く
問題ありません。
今後も気にかけて生活しますが、佐助くんはこれまでとなにも変わらず暮らせていますし、
我々も学習しましたので、ご安心ください。

こうして文章にすると、なんだか病気ばかりで大変そうにも見えますが、
佐助くんはとにかく明るくて甘え上手で賢くて、性格的には全く問題のない、
一緒に暮らして本当に楽しいワンコです。
フォクシーさえ受け入れてくれれば…と毎回同じことを言ってますが、
これも時間が解決してくれるのでしょうか…
佐助くんが100%楽しめるおうちとのご縁があることを祈っています!

*******
最後に、フォクシーと佐助くんの画像をお送りします。
それぞれのオネムであどけない様子の画像と、奇跡の2ショット寝姿、そして、
恒例の被り物シリーズ2014ハロウィーン&クリスマスです!

オネムの佐助くんは、佐助くんの性格そのままの愛らしさが出ていますよね。
オネムのフォクシーは、ガウるとは思えないほど、別犬のようではないですか?
2ショット寝姿は、勿論、自然にあーなったわけではなく、爆睡中のフォクシーの傍に、
これまた爆睡中の佐助くんを配置した「やらせ」画像です(笑)
やらせができるほど爆睡するようになったことがフォクシーの進化ですよね。
そして、ただひたすら、私の自己満足の賜物、被り物シリーズです。
被り物やらせたら、右に出るものはないぐらいお似合いの佐助くん。
どこに行っても笑いをとってくれて、不器用な腕を揮って被り物制作に
いそしんだ甲斐があります。
楽しんでいただければ嬉しいです。

長くなりましたが、お久しぶりのご連絡でした。
マムさん、そしてマム家のみんなが元気に過ごせますように、
いつもお祈りしています。
どうぞ、良いお年をお迎えください。

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント