FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 廃棄物
2014-09-26 (Fri) 00:00

廃棄物

毎朝 犬の散歩で通る竹林   
早朝は出逢う人も無く リスの鳴く声がするくらいで 静寂そのもの

moblog_f22e3c78.jpg

ほんの少し 靄が掛かっていて 気持ちがいい

moblog_e95bee0c.jpg

でも 竹の根元に こんな廃棄物が    カラオケの機械のよう

moblog_abef70b6.jpg

通路の横に ひょいと置いて行った感じ 
重くて歩いては持ち運べないから 車で来て棄てていったのでしょうね
近くの県道には 不法投棄禁止の看板が立ててあるが 棄てる人の
目には入らないのだろう

不用な物は 自分の目の前から無くなればいい ~
棄てる場所なんて どこでもいい ~


実は 犬や猫を棄てる飼い主も同じなんです
不用になった犬や猫は 自分の目の前から消え去ればそれで満足
棄てる場所は選ばない 
棄てる現場さえ見つからなければ どこでもいい

棄てた後は 死のうが生きようが知ったこっちゃない ・・
犬や猫の遺棄は犯罪 と言う意識が無いのでしょうね


随分前の話ですが 旧磐田郡福田町を流れる太田川へ 仔犬を
袋に入れて 投げ込んだ飼い主がいました
偶然 目撃者(大学生)がいて 雨で増水している川へ入り袋を回収
1匹だけ蘇生しましたが 残りの3匹は既に水死していた 
と言う事件が有りました 

生きたまま川へ投げ込むなんて ・・・ 人としての心を持ってるのか


それから 仔犬が産まれる度に 畑に穴を掘って生き埋めにする
飼い主もいましたね
何度目かの時 地元のボランテイァさんが 生き埋めにしないで
里親探しをするよう交渉し 浜松へやって来た事もありました


犬や猫の命について 全く斟酌しない人間がこの世にはいる事は現実
小さな命には無関心  小さな命には冷酷  小さな命は消せばいい
人間て傲慢だね  人間ってそんなに偉いの?って考えさせられます


 遺棄された小さな命 現在ゴーキャッツで保護中
    ご希望がありましたら ゴキャッツのページをご覧ください
moblog_b0c328b7.jpg



そう言えば東京都で 野良生活をしている40匹以上の猫を虐殺していた
男が逮捕されましたね
毒餌を撒いたり 猫を地面にたたき付けて殺したり 逮捕された時も
自転車の前カゴに猫の死体が入っていたそうです


幼児時代からの命に付いての教育が 本当に大切と思います

※ すてっぷマムでは 子供達にふれあい活動を通して 各地の公民館で
   命の教育を行っています  
   子供達に 命の教育をプレゼントしたい方は お近くの公民館へ 
   ふれあい活動を開催して欲しい旨 申し込んでください


せめて動物愛護週間の時にだけでも この小さな命に付いて
家族みんなで話し合ってみませんか

ちなみに 廃棄物遺棄と動物遺棄の罰金はどちらが高いかご存知 ?
正解  : 廃棄物の方が高い  

最終更新日 : 2014-09-26