FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 管ちゃん その後
2014-03-20 (Thu) 00:00

管ちゃん その後

毛を刈ってみたら 腫瘍が沢山出来ていた管ちゃん  
高齢で麻酔の心配をしましたが 術後が順調で ひと安心です

摘出した腫瘍の病理検査結果が帰って来たので病院へ行って来ました

「 上皮腫で悪性度は低い 」 悪性でなくて とっても嬉しい結果でしたが 
一つ気掛かりがあります

上皮腫は体内ではなく 皮膚組織の上部に発生するのですが これが
一旦出来ると 次から次へと芽を出すようにアチコチに発生する ちょいと
厄介な腫瘍

前にいた 康子ばあさんと言う老犬がそうでした
上皮腫が次から次へ出来てきて それが直ぐに自壊する 
つまり破れて口を開いて まるでザクロが爆ぜたようになる
当然 出血もあるし細菌感染の恐れもあるので やむを得ず手術するしかない

フィラリア強陽性だったのに 半年位の間に2回手術して 3回目を
予定していた矢先に亡くなった  なんとも厄介な腫瘍です

moblog_49494458.jpg

先生から 管ちゃんの身体中を こまめにチェックするよう指示された
これは 困ったよ 
もう高齢なのに この後も手術を必要とする状況が来るかも ・・ なんて 
なにとぞ 上皮腫が出来ませんように ~ 毎日祈るしかない

moblog_442b82db.jpg

今回の手術は成功 患部はすべて取り切れているそうです
ごくまれにリンパ節に転移する事もある低悪性度の病変との事ですが
状況は良かったらしく 報告書を読んで胸を撫で下ろした

上皮腫が発生する事を案じていても仕方ない
出来たら その時に どうするかを判断すれば良い
管ちゃん 念の為 美味しいものを沢山食べて 体力を付けておこうね

管ちゃんに応援 ご支援を下さった皆様 有り難うございました

最終更新日 : -0001-11-30