FC2ブログ

あやこ 右目も白くなって ・・

あやこ 痴呆に加えて右目も白くなって来た  
視力が無いようで 右側から近づいて そっと手を出しても判らない

同じようにして左側から出せば 直ぐに気が付く
これは 右目が見えていない証拠

moblog_ab782992.jpg

残りの左目も 薄く白く濁っているので 両眼が視力を失うのも時間の問題
でも まいこちゃんのように 眼の手術をしなくても良いだけ恵まれている

あやこはフィラリア強陽性ですから 麻酔のリスクが恐ろしい
高齢と ( 10才は過ぎている ) と フィラリア強陽性である事を
勘考し 先生と相談して 不妊手術は受けていない

今迄 暮らしていた環境を変えず 同じ場所でなら 失明しても 
不自由なく暮らせますよ と 先生からアドバイスを頂いている

だから 室内の物の場所は何一つ変えないでいる
水飲みの場所も ご飯の置き場所も 家具も同じ場所に決めて配置し
あやこの視力がなくなった時に備えている

ただ トイレだけは どこでもトイレなので 頭が痛い

moblog_f60c595b.jpg

起きて歩き回る時は トイレ要注意犬ですが 眠ってしまうと
こんなに可愛い婆さん犬

moblog_e9d9b489.jpg

迷い犬として保健所から引き取って 丸3年 今年の5月で4年目
( もっと 長く一緒に暮らして来たような気がするが ・・ ) 

自衛隊の側溝に落ちていたとの事だったので 引き取ってから
あやこにリードを付けて その近辺を 何日も歩き回った

自宅を覚えていないのか 遠くから車で来て捨てられたのか 
あやこが 我が家へ帰り着く事は出来なかった

moblog_b5105a2b.jpg

もっとも 飼い主が判明しても返すのはためらわれるような状態だった
フィラリア強陽性では 急性フィラリア症状が出た時 心配

白い毛の色は グレーに変色 1回のシャンプーでは落ちなかったし
爪も悪魔の爪のように伸びていて 心情的に返せる状況になかった

幸いにも ? ( 不穏当な発言ですが ) 飼い主からの名乗り出は無く 
今では マムの手元で のんびり暮らしています



いつも思うのですが 飼い主さんは 何の目的で犬を飼うのかな ?

犬が欲しくて譲渡会場を回ったり ペットショップを回ったりと
そこまでは情熱的に犬を探し回るのに 一旦家庭に迎え入れてしまえば 
それで終り ・・ と思う人が多いのは何故 ??

犬を手元に迎え入れても その後の世話や経費が計算に入っていない
愛情を注いだり 飼い方の勉強をしたり 健康に注意したり などは 
気にしない(?)飼い主も多い


マムが今までに 経験した中で とっても驚いた事が有ります
生後50日のチワワの赤ちゃんを手放したい と言う依頼があり
訪問して その手放す理由を聞いたら 『 ウンチをするから 』 ~

ペットショップで購入して まだ1週間目 
犬の飼い方を全く知らない飼い主の言葉に 引っくり返る程 驚きましたよ

生物なら 食べて出すのは当然の事 それを理解できない飼い主がいる
いやぁ もう 言葉が有りませんでした

ついでに もうひとつの経験を ~

生後半年位のキャバリア 飼い主から 放棄の相談があり訪問して
話を聞いたら キャバリアが ご飯や食べ物を食べたがって鳴く
うるさいから手放したい

与えているフードの量はどれくらいか と尋ねたら 一握りのフードを
2日に1回与えていた
この時も 卒倒する程 驚きましたね

成長盛りの仔犬が 1日に一握りでも耐えられないのに 2日に
1回だけとは信じられないような話 ・・・

どうしてそのような与え方をするのか聞いたら ペットショップで
犬を買った時に それで良いと教えてくれたとの返答

痩せて骨と皮なんてものではありませんでしたよ
もう骸骨が皮を着ているだけの状態 満足に歩けませんでしたよ 
家庭内の密室で 悲惨な状態に置かれ 死ぬのを待っていたようなもの

この2件とも 会報に掲載しましたから 古い読者の方はご記憶にあるかも


犬を飼ったら世話が必須 
それが理解できない飼い主には 犬を飼って欲しくない
またまた 不穏当な発言ですが マムのブログは脱線が多いので お許しを

犬とは感情を共有できる ~ と言う事を飼い主さんに知って欲しい
生きると言う事は 食べて寝て病気もして老いる ・・ 事を知って欲しい

ミッシェルのお姉さん 毎月 あやこへのご支援有り難う

検索フォーム

プロフィール

はちかねこ2

Author:はちかねこ2
静岡県浜松市を中心に、
心や体に傷を受けた犬達の
ケアを行いながら、新しい
家族を捜す、などの活動を
しています。

お問い合わせ

下記メールフォームからお問い合わせ下さい。 より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。 希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。 ※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カテゴリ

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント