FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › お便りコーナー › 結ちゃん その後
2014-01-20 (Mon) 00:00

結ちゃん その後

結ちゃんのママから その後の様子が届きました

『 おっこちゃん、元気そうですね。
 豊ちゃん、順調に回復してきてますね。
結も同じ時期に我が家にやってきたお婆ちゃんシーズーなので、元気そうな
記事をみると嬉しくなります。

結は…というと、ちょっと残念な報告となってしまいました。
年末に、乳腺腫瘍の疑いで生検をしました。

結果は、乳腺癌。悪性でした。
そして、生検から結果が出るまでの間に、今度は脇の辺りに小さなしこりが
いくつもかたまって出来、ボコボコの状態に…。
その小さなしこりが、乳腺にのったモノなのか、リンパや皮下に転移したモノなのか
再度、生検となりました。
同時に、他への転移がないか、CT検査もお願いしました。

結果は、リンパ管内浸潤がみられ、皮下組織にも及んでいる可能性があり、
腫瘍の悪性度は高いと思われます。との事。
CTの結果は、 脾臓に1cm位の丸い影。
肺に、レントゲンにも写らない小さな小さな点が2、3個。
どちらも、腫瘍かどうかは断言できないが、可能性も否定できない。

手術をするか、このまま見守るか 担当医と今後の話をしました。
手術をしても、転移、再発の可能性が高い事。 完治は難しい事。
結が高齢で手術が負担になる事。
色々と考慮して、手術はしない事に決めました。

何もしなければ、あと半年~1年。
多分、年は越せないだろう、との事でした。

生検の再検査を12月29日にして、説明を聞いたのが1月9日。
そして、今日、1月17日。
突然の呼吸困難とヒキツケの症状がでました。急変です。
慌てて かかりつけの病院へ連れて行きました。

脳の神経がやられてる可能性がある、との事で、脳圧を下げる処置をして
もらいました。 が、なかなか症状の改善がみられず、意識もハッキリしません。
うまく身体も動かせず、呼吸も辛そうです。

そんな中でも、私と母の気配はわかるらしく、目で追ったり、撫でたりすると
ちょっと落ち着いたような状態になるのです。
こんな時にですが、結とちゃんと家族になれてたんだなぁ…と思って、だから、
もっと一緒にいたい、と強く感じました。

結は入院となりました。  回復できるのか。
寝たきりになってしまうのか。 最悪の事態になってしまうのか …。

しばらく様子を見守るしかありません。
あまりの事に動揺してしまいましたが、きっと結が一番ビックリしてるんだろうな…。
どんな結果でも受け止めて、これからの結にとっての最善をみつけていけたら、と
思ってます。

今年初メールがあまり良い話ができなくて、残念です。
今後も見守っていただけると有り難いです。 』


お正月バージョンの結。
moblog_8a07fa3f.jpg moblog_186d8c0f.jpg


病気回復を願っての初詣。
moblog_57cdff20.jpg

お守りにパワーストーンのチョーカーを着けた結。です。
moblog_85a9626d.jpg

最終更新日 : -0001-11-30