FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 背筋が凍る話
2013-07-07 (Sun) 00:00

背筋が凍る話

恐ろしいドキュメンタリー番組を 見てしまいました
「 盗まれた子供たち 」 と言う番組です

今 中国では年間 2万人の子供たちが誘拐されているのだそうです
労働力として 人身売買される子供が圧倒的に多いとか

そういえば 以前ニュースで 洞穴のようなところで クサリに繋がれて
働かされていた子供たちが 発見された と伝えてました

( もっと以前の番組では 東南アジアのどこかの国で 臓器移植の為に
  子供が売買されると言う話を放送していた 
  闇の病院で 売れる臓器は 全部摘出されてしまうので 子供は生きて
  病院から出る事ができないと言う 恐ろしい内容でした )

中国は一人っ子政策の為 農村では労働力が不足 
その不足を補う為に 子供を買う風習があるとか
半年分位の収入金額と同等の値段と言う高額で取引されるので 誘拐犯や 
売人にとっては 濡れ手で粟のビジネスらしい

警察は積極的には捜査をしないし 買った人も罪に問われない
農村全体が是として眼をつむり 人身売買には沈黙している

日本とは 社会の仕組みも習慣も違うので 驚くばかり 
番組の中では 子供を誘拐された親の苦悩  
23年前に誘拐され 売られた子供本人の苦悩を描いていた

見終わってから 背筋がゾ~とした番組でした
NHKのオンデマンドで配信しています  興味のある方はどうぞ

最終更新日 : -0001-11-30