FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › チワワの予約受付ます
2013-02-01 (Fri) 00:00

チワワの予約受付ます

検診が済んだチワワのペロちゃん  先生の説明に愕然としました
悪いのは心臓だけではなかった ・・・

この子自体が 先天的な奇形で産まれていて 骨格異常がみられるとの事
背骨が異常に曲がっている レントゲンで見ると驚きの湾曲だ

下アゴにも奇形が ・・ 歯も下アゴも未発達の状態で アゴがない
それで舌が ペロン ~ と下がっているのです

moblog_c5b76ff7.jpg

大腿骨の根元が 骨盤から外れ掛けている 亜脱臼の状態
両足の膝の皿がずれてしまって 足の内側へ移動している
今後 足に負荷を掛ける事は出来ない
走ったり 飛び跳ねたり 肥満になったり ・・・

膀胱には大きな結石が ・・・ 体重 僅か1.8㌔の小さな体で
結石が2㌢×3㌢位の大きさ 殆ど膀胱一杯の大きさになっている

最も問題なのが 腎臓 
左の腎臓の形が変 ? 腎臓の周りに何か見える
中は空洞でエコーでは真っ黒に見える 何か液体のようなものがあるのか
皆様にエコーを実際見て頂きたい と思うくらい 言葉での説明が難しい

恐らく腎臓として機能していないのでは ? との診断

頭骸骨の頭頂部が閉じていないそうです
でも 最近は多いのだとか やはり無理な繁殖の影響か ?
 
身体も小さめで 未熟な感じがする
奇形のぺロちゃんが産んだ子犬にも もしかしたら奇形が遺伝しているかも
知れないね 

プードルもそうでしたが 食べる事には異常な関心を示す
ご飯を食べる時の 早い事 早い事 ~ 驚きです
もしかしたら ご飯も充分もらえていなかったのかな 
 
血液検査は 数値には異常なし  フィラリア陰性  
エコー レントゲン 心電図 等 全て検査済み 8種混合ワクチン接種済み

ブリーダーなら沢山の犬を扱うので 奇形かどうかは身体を見れば判るはず    
こんな身体で 繁殖に使うなんて許せない  絶対に許せない      

誤って掛かってしまったから 帝王切開で分娩させた なんて言い訳だ

この子は 理解のある家庭に もらって欲しい
膝の皿が外れている関係で 運動や毎日の体調管理が必要
子供さんと駆けっこなんて絶対無理 大人だけの静かな家庭を希望

犬を飼う為の約束事が有ります   詳しくは お尋ねください
暫くは ゆっくり身体を休ませてやりたいので 急ぎません

チワワの あしなが支援を求めています 募金 & フード支援

フードは PH ペーハーコントロール 動物病院でのみ販売されているもの
膀胱の結石を溶かすフードです



ガムを与えて見たが 奮闘むなしくどうにもならずに諦めた ・・・
他の子にガムを与えると 隣で もの凄く吠えて請求する
試しにガムを渡したが 噛む事が出来ないので 柔らかいジャーキーに交換

moblog_4c6adaa6.jpg

マム宅には センターからシーズーが ドッとやって来ましたので 
現在は預かりボラ宅にいます   

最終更新日 : -0001-11-30