FC2ブログ

サークルマムの活動日誌2

静岡県浜松市を中心に心や体に傷を持ち、譲渡不可能な犬達の終生飼養や啓発活動をしています。

Top Page › 活動日誌 › 修じぃさん 再診
2012-08-29 (Wed) 00:00

修じぃさん 再診

修じぃさんを引き取った時に処方された 目薬と皮膚炎の飲み薬が
無くなったので 再診に ・・・

目やにが出るので詳しく検査 
緑内障もドライアイもナシ 眼圧も正常  良かった ・・    
結膜が真っ赤になっていて これが原因で目やにが出るらしい
抗生剤入りの目薬が処方された

皮膚は やはり炎症が酷く 継続的に薬浴が必要 
ひとみ・トニコ・修じぃさんの薬浴を ローテーションで予約

  腹部が炎症を起こしていたらしい 皮膚が一部黒化している

moblog_db09c1e8.jpg

問題なのは 心臓と陰睾丸 ( 睾丸が腹の中にある状態 )

心臓はかなり大きな雑音が聞こえる  重度の心疾患だ 
薬の服用レベルだが 薬は一旦飲み始めたら 終生飲まなくてはならない
慎重に処方すべきなので 心雑音の原因を探る為 エコー検査 &
レントゲン検査の予定

陰睾丸は腫瘍化している可能性が大 ・・・   

2個とも定位置には無く 1個は腹腔内に もう1個は鼠蹊部に
近い場所で膨らんでいる

昨年 保護したゴールデンのレオ君が陰睾丸で 2個とも腹腔内にあり 
開腹手術で取り出したのだが 既に腫瘍化し始めていて 先生から 
「 手遅れになる前で良かったよ 」 と言われた

年令が高令である事と フィラリア強陽性・重症の心疾患がある事を
考えると 手術が可能か 麻酔が使えるかどうか 検査結果待ち

手術をすべきか せざるべきか ハムレットの心境です    

moblog_f64b5272.jpg

本当に不憫です 
若い時に去勢してしまえば 体力・気力があるから痛みは直ぐに去る
この年になって こんな目に遭うなんて 本人は思ってもいないはず

修じぃさん ガンバレ ・・  

万一 腫瘍化していて それが悪性なら 苦しい最期が待っている   
今は 修じぃさんの 幸運を祈るだけです

修じぃさんの あしなが支援を お願い致します

最終更新日 : -0001-11-30